• EN
  • JA
HOME TOKYO CAFE GUIDE 東京 渋谷 商業ビルの中で街に根付く。「Åre」に見る渋谷のカフェの新しい姿
商業ビルの中で街に根付く。「Åre」に見る渋谷のカフェの新しい姿

商業ビルの中で街に根付く。「Åre」に見る渋谷のカフェの新しい姿

渋谷の再開発は2020年以降も続くと言われており、街の様子は日々めまぐるしく変わっていく。だが早くも街に馴染み始めている存在も。SHIBUYA CASTの「Åre(オーレ)」は、すでに周辺の住民にとって欠かせないカフェになっている。

渋谷再開発事業の先駆けとして、2017年4月に明治通り沿いにオープンした「SHIBUYA CAST(シブヤ キャスト)」。上階には住居やクリエイターのためのシェアオフィスを、下階にはショップ、飲食店のほか多目的スペースや広場などさまざまなジャンルの施設が備わる。そんな巨大複合施設の中にありながら、表側であるキャットストリートや明治通りからは一切見えない裏手側にカフェ「Åre」は店を構える。

手がけるのは渋谷・松濤の人気ビストロ「aruru」「urura」などを運営する(株)プフラ。名古屋出身のオーナー・ヤマモトタロヲ氏はこの場所でカフェを作るにあたり、クリエイターを支える場所であると同時に地元の喫茶店文化を取り入れたかったという。渋谷の最新商業ビルのカフェで描かれる喫茶店とはどのようなものなのか。

一見会員制のラウンジかと思うほど、ガラス張りの洗練された外観が印象的だ。デザインは隈研吾建築都市設計事務所によるもの。「Åre」はスウェーデンにある山の名前だそうで、店内もすっきりとした北欧風のインテリアで揃えられている。ガラス戸を開けると「こんにちは」と、フレンドリーな声で店長の玉利さんが迎え入れてくれた。

こんな気持ちのいい声と笑顔で1日をスタートできたらどんなに気持ちがいいことだろう。Åreのオープン時間は朝9:00。ここにひとつ、喫茶店らしさを求めるÅreの思いが見えてくる。充実したモーニングメニューで知られる名古屋の喫茶店。渋谷キャストという場所を同じくするシェアオフィスの人や住民の朝ごはんの場になればと、オープン当初からモーニング営業に力を入れる。名古屋発祥の「小倉バタートースト」はÅreでも人気のメニューだ(しかもホイップ付き!)。

和食の朝ごはんも揃えた。「喫茶店って、いろんなジャンルのメニューがあるじゃないですか。和洋中、自由に提供できることがカフェや喫茶店の強みだと思うんです」と話す玉利さん自身、朝は“ごはん派”。それでも、ミニサラダが追加できたり、和食の椀物に郷土料理が登場したりするあたりはカフェらしい。

そのモーニングはなんと500円から。Åreはお財布にもお腹にも優しい。「渋谷のカフェって、暗黙の『渋谷カフェ価格』があるんですよね(笑)。ランチで1500円近くが相場でしょうか。それだと気軽には来られないと思うんです」。男性でも1,000円でお腹いっぱいになれる素材にこだわったカフェランチ、主婦や年配の方がお茶をするのに嬉しいリーズナブルだけど本格的なスイーツがあり、デスクでのおやつにも子供の朝ごはんにもちょうどいいテイクアウト用の自家製焼き菓子は150円のものも。

喫茶店が人もシーンも選ばない理由に、利用しやすい価格と手作りの美味しさは欠かせない。Åreならカフェでそれが叶うのだ。「食事、おやつ、打ち合わせ……働く人も周辺で暮らす人も、いろんな場面で毎日でも来られるように。何かあったら『とりあえず、Åreに行こう』と思ってくれたら嬉しいです」。

玉利さんに話を聞いていると、街の人に目を向けていることが伝わってくる。週明け月曜日の朝は、近くにある保育園に子供を見送ったママたちの会議が多い。火曜から木曜には、上階のシェアオフィスで働く人の打合せが増える。晴れた日には、介護施設のおじいちゃんおばあちゃんがお散歩がてらに寄ることも。まるでこの場所でもう何年も営業している老舗店ではと思うほど、街の様子を把握している。

逆に言えば、それほどこの店に通う人がいるという証だ。「積極的にお客さんに声をかけ、誠意あるサービスと美味しい料理を心がけてきたからだと思います」。素材にこだわり、栄養バランスのとれた優しい味付けの食事やホッとするおやつを提供するÅre。オーナー肝いりの「プリンアラモード」は、たまごをたっぷり使った硬めの食感とほろ苦いカラメル、銀皿いっぱいに盛られた色鮮やかなフルーツ、どれも譲れないこだわりだ。昔ながらの喫茶店メニューであり、年代や性別問わず今も愛されるカフェスイーツの代表格、プリン。カフェらしく若い女子にも人気だが、昔を懐かしむように年配客も楽しんでいくという。

「老若男女、もちろん赤ちゃんもウェルカムです。誰でも、いつでも何度でも立ち寄れる、そんなカフェでありたいですね」。
シェアオフィスで働くクリエイターによるライブや展示会、周辺の企業のパーティーを行うなど、この施設の一員としての役割を果たしながら、単なる商業施設内の一店におさまらず、Åreは間違いなくこの街の一部になっている。ここに、新しい渋谷のカフェのあり方を垣間見た気がした。

 

取材・文 : RIN

MORE INFO:

Åre

エリア: 東京 / 渋谷
住所: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目23−2
電話番号: 03-6434-1129
営業時間: 月曜日 9:00〜20:00
火曜日 9:00〜20:00
水曜日 9:00〜20:00
木曜日 9:00〜20:00
金曜日 9:00〜20:00
土曜日 9:00〜20:00
日曜日 9:00〜20:00
祝日 9:00〜20:00
公式WEB: https://shibuyacast.jp/floor/shareofficeandcafe/