logo
2019.5.23

エキゾチックな料理を空中の花園で。アトレ恵比寿にビアガーデンがオープン

シロノニワ エキゾチカ・ビアガーデン 恵比寿

恵比寿のビアガーデンは、プラントハンター西畠清順氏が監修のエキゾチックな空間で。リゾート気分を楽しめる『シロノニワ エキゾチカ・ビアガーデン 恵比寿』が5月24日からアトレ恵比寿の屋上にオープンする。

ビアガーデンといえば、ひと昔前までは料理も空間も特に凝ったものではなかった。もっと単純にただただ外でのビールをジョッキで楽しむものであったのが、だんだんコンセプティブでハイクオリティなものへと進化してきたわけだ。そして恵比寿ともなればさらに他と一線を画す。プラントハンター西畠清順氏が監修をした、西洋東洋、熱帯砂漠の様々な植物が共存する「アトレ空中花園」という、一際日常を忘れられる場所にオープンするのだ。

バラエティ豊かなタパス・デザート・ドリンク

もちろん空間だけでなく、料理にも抜かりはない。広尾の人気シーフードフレンチ「ビストロ シロ.」がクリエーションする魚介料理を中心とした“エキゾチカタパスBAR”が登場。シーフードとオレンジの地中海風セビーチェ、ムール貝とはまぐりのマリネ マンゴーチリソース、シュリンプのココナッツピラフなど全15種類のタパスが並ぶ。

さらにデザートには、巷を賑わせ続けている”タピオカ・フルーツBAR”が! 2種類のタピオカを筆頭に、ココナッツミルクや杏仁豆腐、白玉、数種のフルーツなどが並び、自分好みのデザートを作ることができる。

ビアガーデンに欠かせないお酒も充実。定番の生ビールやスパークリングワイン、カクテをはじめとした40~50種類のアルコールドリンクが揃う。また、ブームの兆しが見えるノンアルコールカクテルのことを指す”モクテル“を作れる “1883シロップ”も18種類用意。アレンジ次第で100種類にもなるこのシロップでお気に入りのモクテルを探すというのもおすすめだ。

メイン料理を選べる3種類のプラン

これらのタパス、デザート、ドリンクは、どのプランでも食べ放題・飲み放題。そこにメイン料理、ローストチキン&ガーデントルティーヤプレートがつくエキゾチカプランは4,800円(税込)、サーロインステーキ&ガーデントルティーヤプレートがつくサーロインステーキプランは5,800円(税込)、ロブスター&サーロインステーキ&ガーデントルティーヤプレートがつくロブスター&サーロインステーキプランは6,800円(税込)で提供される。

そのほか、飲み放題が延長できたり、アニバーサリープレートをお願いできたりとオプションメニューも豊富。パーティやお祝いなどでの利用にもちょうどいい。

日常からちょっと離れたくなったら恵比寿へ。異国間溢れる空間と料理を楽しめば、気分はショートトリップ。今年の夏は、エキゾチックな楽園へと旅に出る予定を早速立ててはいかがだろう。