logo
2019.8.9

ビアガーデンも。 恩賜上野動物園で「真夏の夜の動物園」が開催

真夏の夜の動物園 in 上野動物園

恩賜上野動物園が開園時間を3時間延長し、20時まで開園する『真夏の夜の動物園』を開催。昼間では見られない夜の動物たちの知られざる姿や、園内の豊かな自然の中での夕涼も楽しめる。

夜だからこそ見ることができる動物たちの特別な生活

本格的に暑くなり、日中は強烈な日差しが気になるこの季節。東京都・上野の「恩賜上野動物園」では、8月10日(土)〜16日(金)までの期間、開園時間を通常より3時間延長して20時まで開園する『真夏の夜の動物園』を開催する。

昼間には見ることができない夜の動物たちの知られざる姿の観察や、園内の豊かな自然の中での夕涼みなど、夜ならではの雰囲気のもとで、いつもとはちょっと違う風に動物園を楽しむことができる。

止まり木で眠る西園のニワトリ(公財)東京動物園協会

注目は、”動物たちの食べる姿”

今年のテーマは「食べる」。期間中は園内各所の動物舎にエサや給餌器の実物、解説パネルなどを展示する「もぐもぐミュージアム」や、動物たちのエサ情報を展示する「動物園の台所スペシャル」、飼育係をはじめとする動物園のスタッフらによる「真夏の夜のもぐもぐトーク」など、動物たちの食性に焦点を当てた、さまざまなイベントが園内各所で開催される。

また、「世界ゾウの日」(8月12日)に関連した特別企画「ゾウはかせになろう」ではゾウの標本やエサなどを展示して、飼育係がゾウの生態や生息地が直面している問題について解説(8月10、14、16日の17時~18時)。

8月10日(土)出演 酒井一郎トリオ(ジャズ)(公財)東京動物園協会
8月11日(日)出演 佐藤和哉(篠笛)(公財)東京動物園協会
西園のオープンビアガーデンでは心地いい夜風を感じながら一杯 (公財)東京動物園協会

そのほか、夜空の下で聴く音楽ライブ「音楽の夕べ」など、この期間限定のイベントを開催するとともに、毎年人気の「不忍池テラス」でのビアガーデンも開催。夏の夜だからこそ楽しめるイベントを、体感しに行こう。