logo
2019.8.17

世界中で話題沸騰。マカオ発チーズティー専門店が、表参道に日本初上陸

マカオインペリアルティー 表参道店

ストーリー性のあるティーブランド

東京でも増えつつある「チーズティー」の店。チーズティーとは、ウーロン茶や台湾茶、紅茶などの上にふんわりとしたホイップ状のチーズクリームと岩塩をトッピングした新感覚の飲み物だ。中国から始まり、台湾をはじめ東南アジアやアメリカなどにも広まり、人気を集めている。

マカオで誕生した「マカオインペリアルティー」は、中国、マレーシア、フィリピン、ベトナムなどのアジア諸国のほか、カナダ、アメリカと世界規模で展開しているチーズティー専門店。「LOVE」をテーマに掲げた独自の世界観も人気。海外店舗含め、どの店舗内の壁面にも「チーズと春茶のラブストーリー」を描くことで、ブランドにストーリー性を持たせている。

マカオ本店と同様の高級茶葉を贅沢に使用

メニューには、マカオ本社がセレクトした中国・台湾の高級茶葉を使用。その芳醇な香りと豊かな味わいを楽しめるチーズティー、ミルクティー、フルーツティーは「マカオインペリアルティー」の代表格だ。

近年日本で爆発的なブームが巻き起こっているタピオカもラインナップ。他店と異なり、独自にブレンドした粉を各店舗で練るところから始める「生タピオカ」を使用しているのが特徴だ。他にも、新鮮なフルーツを使用したソーダメニューなど、暑い時期に嬉しいドリンクが揃う。

またエコにも配慮し、カップのリユース促進の一環として、一部のメニューにおいて再利用可能なカップを使用。このカップを持ち帰り、再来店時に使用すると割引を受けられるサービスを実施している。

続々とオープンするアジアンティーの中でも、特徴ある飲み物を多く取り揃える同店。まだまだ続く酷暑にバテてしまいそうになったら、新感覚ドリンクで心と体を潤そう。