logo
2019.10.8

清澄白河の「ブルーボトルコーヒー」第一号店がリニューアルオープン

ブルーボトルコーヒー清澄白河フラッグシップカフェ

清澄白河のブルーボトルコーヒー日本一号店が、フラッグシップカフェとして10月4日(金)にリニューアルオープン。ここでしか味わえない特別なスイーツのメニューや、ショップ限定のオリジナルアイテムも。

「サードウェーブコーヒー」はトレンドからカルチャーへ
2015年の日本上陸以来、こだわり抜いたコーヒーを一杯一杯丁寧に抽出。その体験をさらに高めるカフェデザインとホスピタリティを通じて、「サードウェーブコーヒー」と呼ばれる大きなトレンドとなったブルーボトルコーヒー。来年2月に日本上陸5周年を迎え“トレンドからカルチャー”へ、スペシャルティコーヒーをより身近に感じてもらうための第一歩として、第一号店の清澄白河ロースタリー&カフェをリニューアルオープンした。

誰もがスペシャルティコーヒーをもっと身近に感じられるように

清澄白河フラッグシップカフェで味わえるコーヒーは、ブルーボトルコーヒーの特徴である“Seed to Cup”として、豆の原産地から抽出に至るまで各工程にこだわったコーヒーの中でも、その季節に美味しさのピークを迎えるシングルオリジンコーヒーをメインに幅広くラインナップ。また、併設されたトレーニングラボでは、コーヒーに関する様々な内容のクラスを受けることができ、コーヒー初心者から上級者まで、何度でも足を運びたくなる空間になっている。

ここでしか味わえない特別なメニュー、限定アイテムも販売

ブルーボトルコーヒー初となる、フルサービスのおもてなしを受けられる清澄白河フラッグシップカフェでは、ここでしか味わえない限定フードメニューにも注目したい。ゆったりと過ごしながら、こだわりのコーヒーと相性抜群の限定の絶品スイーツに舌鼓。これまでにないスペシャルティコーヒー体験ができることだろう。

左から、コーヒーパフェ(750円)・シーズナルタルト フィグ(カスタード、ライム/900円)・プリン(600円)。

さらに、この店舗では、自宅でもスペシャルティコーヒー体験を楽しむことができるオリジナルアイテムも幅広くラインナップされている。オリジナルコーヒーキャニスターや、カップ、ショッピングバッグ等、いずれも清澄白河フラッグシップカフェでのみ購入可能の限定モノだ。

誰もが特別な一杯と出会い・楽しみ・深く知ることができる、スペシャルティコーヒー体験をより身近に感じられる場としてオープンした、清澄白河フラッグシップカフェ。季節ごとに吟味され、世界中から買い付けたコーヒー豆に、その豆が持つ個性を最大限に引き出した焙煎。あなたの特別な一杯に出会いに、是非訪れてみてほしい。