logo
2019.10.22

民間から立ち上がる国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020」のプレイベントが開幕中

東京ビエンナーレ2020 プレイベント

2020年に開催される「東京ビエンナーレ 2020」に先駆けて、11月24日(日)までプレイベントが開催中。アーティストによる展示だけではなくトークやワークショップなど多彩なイベントを実施。

2020年開催の東京ビエンナーレ。そのプレイベントとは

内で年々増え続ける、国際的な芸術祭。3年ごとに開催されるトリエンナーレ、2年ごとのビエンナーレなど、現代アートによる地域活性を目的とした「芸術祭」という取り組みは各地に広がっている。そしてこの度、日本の中心部「東京」で国際芸術祭の開催が決定した。

「東京ビエンナーレ 2020」は千代田区、中央区、文京区、台東区の公共スペースや公共施設、学校、寺社会堂を会場に、2020年から隔年で開催する国際芸術祭。第1回は「”私”から”私たち”へ。」をコンセプトに、2020年7月3日から9月13日までの73日間にかけて行われる予定。総合ディレクターは東京藝術大学の教授でありアーティストの中村政人と、クリエイティブディレクターの小池一子が担当する。

本プレイベント開催前に実施した記者会見で、中村は「合理化した近代は利己的になり、他者との接点が窮屈になってきている部分を感じていた。繋がりを生み出すためのコミュニティーの創出など、アートの持つ力を通じて創造的なエネルギーが個に湧いてくるような新しい文化フレームとなる場を作りたいと思った」と東京ビエンナーレ 2020を立ち上げた経緯について話した。

東京という地域、社会に根ざした展示

今回、プレイベントの舞台となるのは神田、日本橋、京橋、番町、池袋といった5つのエリア。東京ビエンナーレ 2020の全貌を紹介する展覧会「HOW TOKYO BIENNALE? 東京ビエンナーレ2020 計画展」では、ファッションデザイナーの津村耕佑や、「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」の山縣良和、スマイルズの遠山正道代表、アートディレクターでデザイナーの佐藤直樹、美術家の村山修二郎ら計28組が参加し、プロジェクトの紹介や作品の展示販売などを行う。

鈴木康広(参考画像)
スプツニ子! + 西澤知美
東京減点女子医大
Sputniko! + Tomomi Nishizawa
Tokyo Medical University for Rejected Women

yang02 + 菅野創
SENSELESS DRAWING BOT #2 Performance @TRANS ARTS TOKYO 2012

また、注目は鈴木康広、スプツニ子!+西澤知美、やんツーら3組の作家による「水都・日本橋のゲニウス・ロキは、どこへ向かう?コンテンポラリーアーティスト3組の新作展」。日本橋という土地の時代考証を元にした基層文化展示と、テクノロジー社会に批評的な目を持つ作家たちによる新作を展示している。本展開催を待たずして、注目アーティストの新作が見られるのはなんとも贅沢な機会といえよう。

TOKYO BENCH PROJECT 2019-2020

このほか、ベンチを設置することで東京の風景を変化させる試み「TOKYO BENCH PROJECT 2019-2020」、各地に小屋を設置し持続可能な社会のあり方を問う「TINY HOUSE FESTIVAL 2019 TINY HOUSE 展示会テーマを持った20戸の小屋の展示会」など、東京という街における日常や人々の営みを見直すような多彩な展示を実施している。

歴史文化的にも特徴のある東京都北東エリアから発信する魅力溢れる芸術祭。完全なる民間主導による芸術祭という側面も興味深い。文化芸術にとどまらない多方面の専門家や地域住民、企業が紡ぎ出す「東京ビエンナーレ 2020」とは?これからの東京の未来を描く新たな芸術祭の始まりを見届けよう。