logo
2019.12.1

世界のサンタさんと出会える。角田明子写真展『サンタさんが いっぱい』開催

角田明子写真展『 サンタさんが いっぱい 』 Merry Many Santa Clauses!

2019年12月13日(金)から12月27日(金)まで、東京ミッドタウンのFUJIFILM SQUAREにて角田明子写真展「サンタさんが いっぱい」が開催される。

サンタクロース会議に訪れて知った、サンタクロースの魅力

カメラマンの角田明子氏は、2011年夏にデンマークで開催された「世界サンタクロース会議」に訪れて以来、8年にわたりサンタクロースたちの写真を撮り続けている。

「サンタクロースって本当にいるの?」という子どもたちの質問に答えるために訪れたデンマークで出会ったのは、いわゆる赤と白の服に三角帽子の姿だけでなく、セーターを着た妖精、緑や黒い服を着た姿など、さまざまな恰好のサンタクロースたちだった。

呼び方や過ごし方なども多様なサンタクロースたちが、たくさんの人々に喜んでもらうために、クリスマスについて話し合う会議を行う様子を見た角田氏は、「子どもたちのために活動する彼らの魅力」を知ったという。この魅力をより多くの方々に伝えたいという思いが詰まったのが今回の写真展だ。

世界中のサンタクロースの心温まる姿がたくさん

今回の写真展「サンタさんがいっぱい」で展示されるのは、角田氏がこれまでに撮影してきたデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの作品を選りすぐったもの。また、今年の夏にデンマークで撮影した「World Santa Claus Congress (世界サンタクロース会議) 2019」の模様も展示される。

「サンタさんの心温まる姿をご覧いただき、笑顔をお届けしたい」という角田氏の思いがこもった写真展。クリスマスに限らず、1年を通して人々に夢と喜びを与え続ける素敵な「サンタファミリー」たちの魅力にふれることができるだろう。

角田明子氏によるギャラリートークも

写真展併催イベントとして12月13日(金)と12月15日(日)には、「ギャラリートーク」を開催。13日(金)の16時から約30分間開催されるのは、角田明子氏のお話「サンタさんを追いかけて」。ライフワークの世界のサンタクロースたちの撮影について、ご本人の口から詳しく聞けるチャンスだ。

また、15日(日)は、マンボミュージシャンの傍ら、1998年7月、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースとして、アジア地域から初めて選出されたパラダイス山元氏との対談が約40分間行われる。角田明子氏・パラダイス山元氏のお話「クリスマスの楽しい過ごし方」では、公認サンタクロース歴22年にもわたるパラダイス山元氏にも会えるチャンスだ。

クリスマスムードが盛り上がるこの季節、ぜひ今年のクリスマスの過ごし方のヒントを得に、クリスマス気分を高めに、訪れてみてはいかがだろう。