HOME CAFE 東京 中目黒 中目黒駅 DEAN & DELUCA監修の“使える学食”が、中目黒・代官山に登場
DEAN & DELUCA監修の“使える学食”が、中目黒・代官山に登場

DEAN & DELUCA監修の“使える学食”が、中目黒・代官山に登場

食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」が初の学食をプロデュース。中目黒や代官山で気軽に、でもしっかり食事をしたい時に、この“学食ランチ”を選択肢に加えてみてはどうだろう。洗練された空間の中にも懐かしさが感じられる“街の食堂”だ。

中目黒駅からも代官山駅からもほど近い住宅地に、一際大きなモダンな建物があるのをご存知だろうか。2019年春に開校した、東京音楽大学(Tokyo College of Music)の 中目黒・代官山キャンパスだ。「街とつながるキャンパス」を掲げる同校はその一貫として、学食を街の人に開放するというユニークな取り組みを行なっている。

「TCM 学生と街のレストラン」と名付けられたその“学食”を手がけるのが、     食のセレクトショップとして人気の「DEAN & DELUCA」。空間プロデュースやメニューの監修を行い、さらに構内には「学生と街のカフェ」も併設する。

「食のよろこびを伝える」を掲げるDEAN & DELUCAが、商業施設や繁華街の路面店とは異なる新たな食するよろこびを提供する場として選んだのが、街中の大学。一体どんな仕掛けが待っているのだろう。

“食堂”内は、打ちっぱなしのコンクリートやオブジェ型の照明を取り入れた、片田友樹氏が手がける近代的なデザイン。さらに、現代美術家の五月女哲平のよる楽譜をイメージしたフェルトアートを施したテーブルなど、学食らしからぬスタイリッシュな空間が広がる。

一方で、食券を買いできあがった料理をセルフで受け取りに行くシステムや、広大なフロアにズラリと並んだ長テーブルに学生たちが好き好きに座り賑わっている様子などには、思わず懐かしさがこみあげる。

社会人になると、こういった大きな食堂に大勢が集まって食事をする機会はなかなかない。ましてや学生と隣りあって座るとなれば、なおさらだ。小洒落たレストランとは一味も二味も違う、いわゆる食堂らしい気楽で自由なスタイルは、中目黒・代官山エリアでは特に貴重だ。

学食の定番といえばやっぱりカレー。DEAN & DELUCA監修となれば期待も高まる。「TCMカレー」は、カルダモンやナツメグなどのたっぷりのスパイスと2種類のルーをじっくり煮込んだ欧風カレー。「食のよろこびを伝える」という理念を掲げるDEAN & DELUCAとして、リーズナブルであってもきちんと美味しいものを提供したいと、試行錯誤を重ねたこだわりの一品だという。

大きな角切り牛肉がゴロッと入った本格的な味わいは、学食のカレーとは思えないクオリティ! これをいつでも500円で食べられるなんて、音大の学生たちが羨ましい限りだ。

一般価格は+200円。それでも駅前に出ればランチでも1500円が相場のこのエリア。カフェやファストフードではなくきちんと食事がしたいと思っても、レストランに入るのは少し気後れする……。そんな時、気軽に立ち寄れる中目黒・代官山のランチスポットとして大活躍すること間違いない。ぜひマイリストに加えておきたい。

腹ごしらえをすませたら、そのまま3階のカフェで食後のコーヒーやスイーツを楽しんでいけるのも嬉しい。贅沢すぎるほどに広々としたカフェスペースは窮屈さや混雑の心配なく、できればあまり人に教えたくないくらいのんびりできる最高の穴場だ。レギュラーのカフェ・ペイストリーメニューはもちろん、店内の厨房で焼き上げるこの店限定のフラットブレッドなども提供。夜食や朝ごはんに持ち帰れば、DEAN & DELUCA を余すことなく満喫できる。

モダンなデザインの中にもいたるところに緑を多く取り入れたキャンパスは、ちょっとしたガーデンレストラン感覚で訪れることができる。学生だけでなく、学外や地域の人も気軽に利用できる、まさに“学生と街”のための食堂とカフェ。ここを知っておけば、中目黒・代官山でランチ難民やカフェ難民になることはなくなりそうだ。

 

取材・文 : RIN

MORE INFO:

TCM 学生と街のレストラン

エリア: 東京 / 中目黒
営業時間: 月曜日 11:00〜15:00
火曜日 11:00〜15:00
水曜日 11:00〜15:00
木曜日 11:00〜15:00
金曜日 11:00〜15:00
定休日: 不定休
公式WEB: https://www.tokyo-ondai.ac.jp/

SHARE: