毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME TOPICS CULTURE 注目コンテンツ 書籍 オンラインに疲れた時に。想像を掻き立てる、ミステリアスで美しい写真集
オンラインに疲れた時に。想像を掻き立てる、ミステリアスで美しい写真集

オンラインに疲れた時に。想像を掻き立てる、ミステリアスで美しい写真集

リモートワークにオンライン飲み会、オンラインイベントなど、日常でパソコンやスマートフォンに触れる機会がグッと増えた今。なんだかインターネットに疲れたな、と感じたら、美しい写真集を開いてみてるのはいかがだろう。想像を掻き立てるミステリアスな世界が、あなたの心を休ませてくれるはずだ。

5月18日に発売されたばかりの「世界の美しくてミステリアスな場所」は、その名の通り、世界中の神秘的な場所を集めた写真集だ。見るからに不思議な場所や、一見美しいのにエピソードを聞くとゾッとするような場所が収録されている。

この写真集は「怪異の噂のある場所」、「死者を祀る鎮魂の場所」、「遺棄された場所」、「謎と奇跡が伝わる場所」、「謎多き遺跡が残る場所」という5章と、「不思議な炎が見られる場所」「未確認飛行物体にまつわる場所」という2つのコラムで構成されている。

ファンタジーの世界のようなタイトルだが、紹介されているのはもちろん実在する場所。気になる中身を一部、ご紹介しよう。

まずはこちら。無数の人形が吊るされた不思議な場所は、メキシコの「ソチミルコの人形島」だ。この空間を作り上げたのはフリアン・サンタナ・パレラという男性で、ある少女の供養のために、人形を吊り下げるようになったのだという。

続いて、一見するとクラシックで趣のあるこの部屋は、アメリカにある「トーマス・ホエーリー・ハウス」。1857年に実業家のトーマス・ホエーリーによって建てられ、その豪華さと美しさから、当時、「最高の家」と称された。しかし、実はこの場所はもともと処刑場で、トーマス自身も、罪人が処刑されるところを見物していたのだという。さらに、この家には処刑された人物の幽霊が出るとも噂されているという、なんとも不気味なエピソードが満載の場所だ。

そして、イギリスの「グラストンベリー・トー」。深い霧に包まれると島のように浮かび上がる神秘的な丘。アーサー王の伝説があると伝えられるスピリチュアルなスポットであり、UFOや宇宙人などの、超常現象の目撃情報も絶えないという。

この写真集の良いところは、ただ美しい写真が並ぶのではなく、上記で紹介したような歴史やエピソードをしっかり紹介してくれている点だ。エピソードの中に出てくる人物の気持ちを考えたり、どんな超常現象が起こるのかとワクワクしてみたりと、想像や考察の楽しみがある。情報に溢れたパソコンやスマートフォンに疲れた時は、この本で、想像の世界を楽しんでみては。