毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME TOPICS LIFE STYLE 東京 大好評につき第二弾開催決定。夜のホテルが舞台の没入型サスペンス「泊まれる演劇 In Your Room」
大好評につき第二弾開催決定。夜のホテルが舞台の没入型サスペンス「泊まれる演劇 In Your Room」

大好評につき第二弾開催決定。夜のホテルが舞台の没入型サスペンス「泊まれる演劇 In Your Room」

昨今急増中の“オンラインエンタメコンテンツ”の中でも異色を放つ「泊まれる演劇 In Your Room」。ゴールデンウィークに開催されたが大好評につき第二弾の開催が決定した。

京都のホテル「HOTEL SHE, KYOTO」が企画するイベント「泊まれる演劇」。本来は観客はホテルに宿泊しながら体験するイベントとして企画されたものだが、新型コロナウイルスの影響により急遽延期が決定した。その代わりに生まれたのが、自宅から楽しめる「泊まれる演劇 In Your Room」だ。この公演の客席は自宅のPCやスマートフォン。ホテル客室からのライブ中継やフロアに仕掛けられた監視カメラの映像を組み合わせながら、インタラクティブに物語が進んでいく。

ライブ中継が行われる客室からは、キャストが参加者に話しかけてきたり、質問を投げかけてきたり…。ただオンライン上で演劇を“観ているだけではない”、体験型の演劇となっている。場合によっては、キャストから着信があることもあるのでスリル満点だ。

前作『ROOM 101』では登場人物との会話や、謎の招待状を手掛かりにして、物語の真相に近づいていくサスぺンスが上演されたが、新作『ROOM 102』では前作以上の没入性・サスぺンス性を追求したまったく新しい物語になるそうだ。

今作の体験コンセプトは「旅」。前作に引き続き、脚本・演出はSCRAP所属のきださおりとミステリー作家の木下半太が担当する。

旅に出ることが困難なこの時代に、少しでもホテルにチェックインする時のワクワク感や非日常性を感じてもらえるようになるよう、前作よりパワーアップするという。実際に京都の「HOTEL SHE, KYOTO」で起こる事件のリアルタイムの目撃者になろう。

なお、チケットを購入すると、物語の舞台であるホテルから自宅に「秘密の案内状」が届く。封筒に入った状態で郵送され、公演がスタートするまで一切の開封は厳禁となっている。案内状を片手に公演日を楽しみに待つのは、演劇の楽しみのひとつでもあるだろう。こういう細部の心配りはさすがホテルが主催しているだけある。

さらに今作では、『自宅の部屋からホテルにチェックインするような体験』を楽しむための「ギフト付き案内状」を各回限定5枠で販売する。ギフト内容は届いてからのお楽しみだそうだが、「泊まれる演劇」の世界観へより深く没入するためのアイテムになることは間違いない。

秘密の案内状:3,800円(税込) ギフト付き案内状(秘密の案内状+ギフト):6,000円(税込)※各回限定5枠 ※ギフト付き案内状の「秘密の案内状」は一般タイプと同様。

待望の第二弾の公演日は6月24日(火)〜29日(月)の6日間だ。本日、5月23日の22時よりチケット発売開始なので、このチャンスをお見逃しなく。

なお、稽古はキャストの自宅などで完全リモートで実施し、本番および最終リハーサルのみHOTELSHE, KYOTOで行う予定だが、状況によっては本番公演も同様にキャスト自宅からの配信となる場合もある。

公演名:泊まれる演劇 In Your Room 『ROOM 102』 公演日時:6月24日(水)〜29日(月) 
19:00〜 / 21:00〜 / 23:00〜 / 25:00〜 人数:各回最大25名まで
参加料金:3,800円(税込)他 チケット予約:5月23日(土)22時より先着販売予定