HOME WELL BEING 日々是エンタメ ハリウッド女優が体を張って実体験。最先端のライフスタイル“実験室”
ハリウッド女優が体を張って実体験。最先端のライフスタイル“実験室”

VOL.39 ハリウッド女優が体を張って実体験。最先端のライフスタイル“実験室”

人間の好奇心には限りがない。全てを手に入れたと思われているハリウッドスターだって、自らの身を顧みずに、新しい何かを得ようとしている。自分たちの暮らしを満たしてくれるかもしれない、新しい生き方を模索する冒険に出かけよう。

最先端の「きになる!」に触れる。巣ごもり中にディープな“冒険代行”

「この時期なので、家にいながら、探求心や冒険心を満たしてくれる番組をチョイスしてみました」(ぴんこ)

今回紹介するのは、Netflixで配信中の「グウィネス・パルトローのグープ・ラボ」。ハリウッド女優のグウィネス・パルトローと、彼女が代表を務めるライフスタイルブランドのメンバーたちが、さまざまなライフスタイルに関する最新ネタを深掘りする番組だ。

「まず前提として、グウィネスが2008年からやっている『goop(グープ)』っていうブランドがあります。グープではオーガニックなど、生活に関わるいろいろな商品やサービスを展開しているんですが、それに関連して、健康や美容などにまつわるコラム記事もサイトにアップされています。たとえばマインドフルネスやヨガなどですね」
「そんなグープがあるうえでの、この番組。タイトルが“ラボ”というだけあって、実際のブランドよりも、もっとトガったトピックに果敢に突っ込んでいくイメージ。いま話題になっている“ちょっと怪しいこと”“きになっていること”を試してみる実験室のような」

この番組がすごいのは、扱うネタのレベル感。日本の地上波TVでは放送するのが難しいようなテーマに、グープの面々が自らの身を呈して実践していく。

「たとえば、幻覚キノコによる心理療法。日本やアメリカでは、マジックマッシュルームなどと呼ばれて法律的にNGなんですが、合法的に医師の監視や指導のもと行われているジャマイカを訪れて、治療として試してみたり」

「これは危ないことをただお遊びでやるんじゃなくて、人々の日常をより豊かにするために、心理療法やカウンセリング文化が発達しているアフリカから、いま欧米でやっていることの一歩先のバージョンを採り入れようとする志向からきています」

ストレス緩和のために行う極寒の雪上ヨガ、女性のオーガズムやセックス教育、顔の血を一回抜く“吸血鬼美顔”など、斬新かつ先進的なテーマが毎回出てきて視聴者を飽きさせない。

「ある時は海外遠征までして『本当のところ、どうなの?』を突き詰める。出かけられないこの時期だからこそ、グープのメンバーが海に山に外国にと繰り出す姿を見て、自分も冒険している気持ちになれます。冒険代行っていう感じですね」

おしゃれブランドの飽くなき探求心が、知的好奇心を刺激する

そんな前衛的な番組を、YouTuberがやるならまだしも、あのグウィネス・パルトローが先陣を切ってやっているのがまたすごい。

「ハリウッド女優がやってる番組だから、いうてもキレイめなんでしょ~?『最新のまつげエクステ試してみた』とかじゃないの~? と思ったら、けっこうディープなことやってた! というのが面白いですよね。グウィネスはスタジオ出演だけのこともありますが、だいぶ体を張っている回もあります。顔が真っ赤になってるけど、大丈夫なの!? なんてこっちが心配しちゃうくらい」

Netflixがお金をかけて、一流女優を駆使して敢行する体当たり取材は、リアリティを呼ぶ。

「毎回のテーマに対して、グープのメンバーはフラットな目線で接しています。たとえば超常現象や超能力、気功とかに対して『怪しいですよね』『私は何も感じませんでした』なんていうこともふつうにあります。視聴者の代弁者になってくれている感じがいいですね」

非日常的なリアルに触れたあとで、あらためてグープというブランドに目を向けると、また違った印象になる。

「私の職業的視点でいうと、グープのブランディングは面白いなと思うんです。おしゃれなライフスタイルブランドのコアの部分にはトガった探究心やスタイルがあって、実はディープなことをいろいろ学んだうえで、こういうアウトプットをしているっていう。メディアをやるブランドとしてすごくいい会社だなって思いました」
「グープのWEBサイトやECサイトも一緒にチェックしてもらうと、もっとリアリティが沸いてくるかもしれません。ただおしゃれなだけのブランドじゃない! そんなグープのすごさをぜひ見てほしいですね」

華やかなブランドの裏で、自分たちを充足させてくれる新しいメソッドを探し続ける。その本気さと熱量が伝わってくるはずだ。

「この時期だから、時間はけっこうありますよね。あらためて、自分が気になっていたけど忘れていたことを、調べたり勉強するきっかけになるかも。番組自体はまだNetflixでは1シーズンしか出ていなくて、1回30分くらいなんで、一気に観られますよ!」

この“ラボ”を観て知的好奇心に火がついたら、今度は自分だけのプロジェクトを立ち上げて探求するのも面白いだろう。

取材・文:中山秀明
コンテンツセレクト:岡野ぴんこ