毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME SPECIAL 今日を愉しむモノゴト

SPECIAL

今日を愉しむモノゴト

OUTLINE:

仕事のアフタータイムや週末、ちょっとしたアイドルタイムなど。「ひま」こそ人生を愉しく、豊かにするチャンスだ。編集部が今日を愉しむモノゴトを厳選してお届け。

ARTICLE:

VOL.1

店内のあれこれを遊ぶ、プレイフルな最新カフェリスト

カフェでSNSチェックだなんてもったいない。ドリンク片手にゆっくり……だけじゃない最新のカフェが今、たくさんあるのだ。スマホはしまって、店内のあれこれをゆっくり堪能すれば、新しい発見がある。新しい趣味や深掘りしたい... 続きを読む

VOL.2

たった一つの揺らぎ、透明感。食卓の名脇役・ガラス食器で、美しい涼をとる

涼やかな印象のガラス食器。いつもの食卓も、透明感ある器が加わるだけでぐっと軽やかになる。陶器にこだわるように、ガラスの器も作家が心を込めて作った美しい1点ものと丁寧に付き合いたい。今回はどんな器とも相性がよく、オー... 続きを読む

VOL.3

物語を観光ガイドに。原田マハの小説世界で旅をする

人気小説家・原田マハ。アート領域の作品が多いが、実はある街に住む、アートに関わる誰かを描いている。小説を通して街の個性を知り、共感はそこへ旅をする。観光ガイドではわからない街の魅力を知ることができる。必ず来る「コロ... 続きを読む

VOL.4

自分の部屋に合う緑の探し方を見つける

部屋にひとつ植物や花を置くだけで、インテリアの雰囲気が劇的に変化する。今のインテリアに飽きたら、新しい家具で模様替えをするのではなく、小さなものをひとつ飾ってみよう。自分の世界にあった緑が見つかるショップやサービス... 続きを読む

VOL.5

ひたすら没頭できる時間。初めてでものめり込める編み物の世界

編み物は難しいことだと思われがちだが、意外とそんなことはない。コツさえ掴めば何も考えずに編み進めることができ、ひらすら手を動かしているとストレス解消にもなる。できあがったものは自分や部屋を彩ってくれるので、一石二鳥... 続きを読む

VOL.6

浅い眠りも一発で解消。寝る前30分で、睡眠の質を高める

寝る前の30分で睡眠の質が決まるという。暑くて寝つきが悪くなるこれからの季節、寝室の空気や音、心身を整えるサプリメントなど、深い眠りにつくための3つの習慣を紹介。 続きを読む

VOL.7

花1つで暮らしは変わる。街の花屋さんに聞いた日常使いの花の選び方

たった一本でも花を飾れば、部屋の雰囲気を変化させ、気分をリフレッシュさせてくれます。本日は、一本でサマになる花とその愉しみ方をご紹介。Hibiya-Kadan Style アトレヴィ東中野店・店長の野呂冴香さんにお... 続きを読む

VOL.8

文房具を新しくして日常に変化を。気分を変えられる厳選3アイテムを紹介

機能やデザイン性など、文房具はどんどん進化しています。普段何気なく使っている文房具を新しくすることで、仕事の効率が上がったりささやかな日常を楽しめたりしたらいいですよね。文具ソムリエールの菅未里さんが「気分を一新で... 続きを読む

VOL.9

思考のクセを日々リセット。気づきの瞑想で自分を変える

人間には思考のクセがある。たとえば、「お金がないと何もできない」と考えている人は、脳が同じ考えのことばかりに働いてしまうのだとか。そんな思考を改めるために「瞑想」をおすすめしたい。シティーワーカーの定番になりつつあ... 続きを読む

VOL.10

モノ作りがもっと愉しくなる。プリントを使いこなしてオリジナルグッズ作り

「一点モノ」には無条件でワクワクする。選びぬいて買うのも愉しいが、それを超えるのが自分で作ってしまうこと。「プリント」を使いこなせばその愉しさを堪能できる。いつものTシャツもプリントを施せば、唯一無二のグッズに変身... 続きを読む

VOL.11

買い物ついでに豆知識もゲット。神保町の専門店で買い物をする

本やカレー店、アウトドアにボードゲーム……。多彩な専門店が軒を連ねる神保町は、趣味を見つけたり深掘りしたりするのに最適な街。セレクトされずに雑多に陳列された商品をめぐるという楽しみ方もある。効率的なネット通販とは違... 続きを読む

VOL.12

最新デバイスで男を磨く。ミラーロイド導入サロンがつくる、新しい自分

池袋にloT「ミラーロイド」を導入したメンズ専門サロンが登場した。そこは、まるで近未来のサロン。まずは一度このミラーで気になるスタイルをシミュレートして、いつもと違う自分を演出しよう。髪型を決める、ただそれだけのこ... 続きを読む

VOL.13

なぜか抗えないプリントの魅力。心を潤す、自分だけの写真集を手に入れる

手元にさえあれば、好きな時にその世界観に触れられる写真集。紙に焼かれた写真独自の味わいに、なぜか心が奪われる。時折目を通せば、かつての心境がフラッシュバックすることもあるだろう。写真としての見応え、装丁、写真家の思... 続きを読む

VOL.14

お手入れまで愉しくなる。器ごとお届けされる季節の花々で潤いある家時間

四季折々の花と日本全国の窯元や作家の器が毎月届く、新しいサブスクが登場。その名も、 「器と遊ぶお花たち(with CRAFTAL)」。申し込んだその月から、季節ごとの花と、それに合わせた表情豊かな器のある暮らしが... 続きを読む

VOL.15

東京で聴きたい名盤がある。新たな視点で街を切り取る、アルバム4選

見慣れたはずの東京の街も、音楽を聴きながら歩くと印象が変わる。音楽が街の切り取り方を変えて、これまでとちょっと違う見方をもたらしてくれるのだ。今日は新たな視点で東京を感じさせてくれる、名盤4枚をご紹介。音楽を通して... 続きを読む

VOL.16

たくましい美しさを讃える。美術館のようなショップで出会う、個性的な植物たち

「叢 – Qusamura」は「いい顔してる植物」をコンセプトに、個性豊かな美しさを提案する植物屋。広島と東京・世田谷に店舗を構え、店主自ら日本中を旅して集めた一点ものの植物を販売している。生活を共にす... 続きを読む

VOL.17

日本茶を楽しもう。飲み方を変えれば味わいも気分も変わる奥深い魅力

日本茶(緑茶)は奥が深い。産地とブランドは数十にも及び、歴史や文化、作法などは掘り出したらきりがないほどの奥深さがある。そんな日本茶の魅力のとりこになってしまうような名品を、代表的なブランドの中から厳選して紹介する... 続きを読む

VOL.18

東京の動物園を探求する。アカデミックに愉しむ4つの視点

東京にはいくつも有名な動物園がある。誰もが一度は訪れ、かわいい動物たちに癒された経験があるだろう。しかし、「かわいい」に留まらないアカデミックなおもしろさこそ動物園の本領だ。今日はいつもとすこし視点を変えて、知的に... 続きを読む

VOL.19

大人の自由研究にも。手作りのコオロギ食キットで、未来の食を学び尽くす

ここ数年で一気に注目度が増した、次世代フードの「コオロギ」。いまさら詳しく述べる必要がないほど、その栄養価はよく知られている。そして、今度は自分の手でコオロギ食を作れるキットが登場。もうキワモノ扱いでは済まされない... 続きを読む

VOL.20

編集部が選んだ東京のベンチ。休日は公園の絶景を愉しもう。

実は日本一公園数が多い東京。都内に点在する公園にはそれぞれに全く異なる雰囲気があり、美しい景色を堪能できるベンチがある。実際に公園に行って見つけた、景色をより魅力的に眺められるベンチを紹介。今週末、あえて「公園のベ... 続きを読む

VOL.21

クラフトジンに人生哲学を学ぶ。しなやかに生きていくためのカクテルブック

クラフトジン「SIPSMITH(シップスミス)」が提案する「シンプルでこだわりのある人生」を体現する職人たちの生き様と、その姿にインスピレーションを得て作り上げられたカクテルレシピを紹介する新発想のカクテルブック『... 続きを読む

VOL.22

土曜日は、電車に揺られて日帰り旅。片道1時間半で、脳内リセットする

大きな荷物を持つことなく行ける、週末の日帰り旅。見慣れた街を離れ、視点を変えるだけで、自分でも忘れていた思いやアイデアが浮かんでくることも。ひと時の旅気分を味わうなら、道中ごと楽しめる電車に飛び乗ろう。今回は、片道... 続きを読む

VOL.23

花より主張する個性的な花瓶たち。この夏のインテリアは、直感で遊ぶ

家で過ごす時間が増え、最も変わったこと。それは、花を飾る習慣が広がったことだろう。フラワーロスの問題や生花のサブスクなど花や植物を意識する動きも、その新習慣を後押ししている。素敵な花々をより美しく飾りたいとき、欠か... 続きを読む

VOL.24

落語の魅力にとっぷり浸かる。初めてでも気軽に楽しめる傑作落語4選

落語を聞いていると、ただ笑えるだけではなく、自分の存在が肯定されているような気がしてくるのが面白い。不思議と聞いた後にはなんだか心が軽くなっている。今日はそんな落語の魅力を、初めて落語を聞く人でも感じられる噺を紹介... 続きを読む

VOL.25

水族館の推し魚に会いに行く

仕事や人間関係に行き詰まったときは、自分の内面ばかりを見過ぎてしまう傾向がある。そんな時は、ふと周りの景色、それも生き物たちを眺めてみるといい。癒されるだけじゃなく、なぜか“気づき”や元気をもらえたりするものなのだ... 続きを読む

VOL.26

海外でも話題のパーソナライズプロテインが、酷暑を乗り切る元気をキープ

朝でも突き刺さるような日差しが続き、運動する気が起きない。どうも食欲も湧いてこない。ならば無理せず、1日のどこか1食を自分の状態に合わせたプロテインに置き換えた健康管理もいいだろう。ダイエット目的だけでなく、体調キ... 続きを読む

VOL.27

余すことなく味わいたい。パフェはエンターテイメントとして愉しむ

個性豊かなビジュアルに、その場でしか食べられないというリアルタイム感。パフェは、最早「食べるエンタメ」である。味や食感だけでなく、素材が織りなす豊かな香りや、咀嚼のたびに響く音のアクセント──五感をフル動員して愉し... 続きを読む

VOL.28

履く人それぞれの風合いに。靴を磨いて経年変化を楽しむ

衣類の洗濯と違って、靴の手入れはケアをするほどに磨きがかかる。新品とは違った味わいを出すだけでなく、革が経年変化していく過程そのものを楽しめるのだ。心の充実感を満たしてくれる靴磨きの世界にハマってみよう。 続きを読む

VOL.29

人生のヒントを小説に学ぶ。困難なときに思い出せば前を向ける厳選4作

小説には人間が人生で直面するあらゆることの情報が詰まっている。今日は、ふいに人生の困難に直面したとき、乗り越えるヒントを与えてくれる小説を紹介する。寂しい思いをしたとき、不安になったとき、戸惑ったとき…これを読めば... 続きを読む

VOL.30

日本の国技・大相撲は実況が愉しい。ライブで学ぶ相撲の所作と文化

日本の国技である大相撲は、スポーツ(格闘技)として楽しめることはもちろん、テレビ中継の実況・解説を通じて日本の伝統文化や歴史を知り、体験することができるのが面白い。今日は、他のスポーツとは一味違う、大相撲ならではの... 続きを読む

VOL.31

はじめての隈研吾。エンタメ視点で楽しむ名匠の建築

『隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則』が絶賛開催中である。なぜネコ?このタイトルにこそ建築をより身近なものにしてくれる彼のクリエイティブワークの本質がある。今回は、そんな企画展の魅力を中心に、建築ビギ... 続きを読む

VOL.32

この夏、アートに力をもらう。世界で活躍する日本人が魅せる「未来の東京」

アートイベント「パビリオン・トウキョウ2021」が、東京都内各所にて開催中だ。世界で活躍するアーティスト・建築家による「未来への願い」が込められた豊かな作品を鑑賞できるこの貴重な機会。東京が自由で新しい都市であるこ... 続きを読む

VOL.33

ベランダ菜園の第一歩。ひと株で3度おいしい紫蘇を育てる

お家時間を充実させたいというニーズが増えたことで、家庭菜園への関心が高まっているという。つられて「ベランダで野菜でも育ててみようかな」とぼんやり考えている方は、まずは手軽にハーブを育てることから挑戦してはどうだろう... 続きを読む

VOL.34

美しくてカオス。漫画家20名が描くパラレルワールドで知る、東京の面白さ

松本大洋や浅野いにおなど20人の人気漫画家が参加する、漫画「もしも東京」展。8月4日(水)から9月5日(日)の約1ヶ月間、東京都現代美術館で開催されている。見る人にとって、何万通りにもイメージが変わる街・東京。漫画... 続きを読む

VOL.35

都会にいても、うるおいを。夏こそいくべき水辺へ

嫌になるくらい暑いこの夏。旅行も遠出もできない今、無性に水辺が恋しいのだ。東京砂漠といえど、実は池も川も海もあるトーキョーシティ。無性に惹かれる「水辺」のおすすめスポットを紹介しよう。水辺が私たちにくれるのは、癒し... 続きを読む

VOL.36

ルールを知り、向き合うために。デザインを通して考える「ルール?展」へ

企画展「ルール?展」が、六本木・21_21 DESIGN SIGHTにて、11月28日(日)まで開催されている。実態が捉えがたく、個人や社会によってそれぞれに異なる「ルール」。それは自分を縛るものか、新たな視点を得... 続きを読む

VOL.37

五感が求めるあの空気。東京で、愉しさと切なさを詰め込んだハワイ時間を

海外旅行の代名詞ともいえるハワイへの旅。残念ながら、未だ気軽に楽しめる状況には戻っていない。特有の空気はぎゅっと愉しくて、でも思い出すとなぜか切なく心をざわめかせる。今回は“究極のハワイおたく”伊澤慶一さんに、五感... 続きを読む

VOL.38

北欧家具も当たる、1回5000円の大人ガチャでこの夏の運試し

何が出てくるかわからない「ガチャ」は大人も楽しめるお手軽なエンタメとして市民権を得ている。今日ご紹介するのはその中でも、大人のためだけのガチャ。 銀座の「ドーバーストリートマーケット ギンザ」に高さ220cmのビ... 続きを読む

VOL.39

今夏話題の2つの恐竜展は映像を較べて楽しむ

夏の風物詩といっても過言ではない恐竜展。東京近郊で注目の2つ、東京ドームシティの『恐竜展2021』とパシフィコ横浜の『DinoScience 恐竜科学博』についてその魅力と楽しみ方を紹介しよう。 続きを読む

VOL.40

この夏こそ手に入れたい、こだわりの逸品。熟練技から生まれる美しい「麦わら帽子」

埼玉県春日部市にある「田中帽子店」は、日本でも数少ない、昔と変わらぬ製法で麦わら帽子を作り続ける天然素材の帽子工場だ。伝統の技を守りながらも、時代に沿った帽子を次々に提案。今夏は、丁寧に紡がれた日本人による、日本人... 続きを読む

VOL.41

一本一本に育まれる物語。尾道でしか作れないユーズドデニムを手に入れる

広島県尾道市で唯一無二のユーズドデニムを作る「ONOMICHI DENIM PROJECT」がニュウマン横浜に出店中だ。通常は尾道の店舗でしか販売されていないユーズドデニム。8月25日までの期間限定の貴重なこの機会... 続きを読む

VOL.42

天才・マルジェラが沈黙を破る。観た人の心を駆り立てる、仕事術と創造性

ドキュメンタリー映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』が、9月17日(金)より渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開される。「ファッション界のバンクシー」ともされる、謎多きデザイナー・マルジェラ。常に革... 続きを読む

VOL.43

昨今話題の昆虫食は万能中華調味料から。そのすごい実力がおうち料理の幅を広げる

「未知の食材を味わう冒険」をテーマに、昆虫食の魅力を探求するチーム「ANTCICADA(アントシカダ)」から、想像を超えた中華調味料が誕生した。うま味、塩味、甘味、辛味がしっかりとある万能調味料は、炒め物などのお手... 続きを読む

VOL.44

壁に飾る防災。5回分のトイレを収納したアートパネルを、大切なあの人へ

日頃から防災グッズの準備をしておこうと思っても、置く場所やどのくらい備えればいいのかわからず、つい後回しにしてしまう。9月1日の防災の日をきっかけに、平時の備えを見直すなら、まずはインテリア感覚で飾れるアートパネル... 続きを読む

VOL.45

アウトドアこそ納得できるモノに囲まれたい。渋谷パルコで出会う、最新ギア

密にならず、屋外で楽しめることからキャンプ人気が更なる高まりを見せて久しい。その高まりに比例して、豊富な展開を見せるのがキャンプギアだ。この度、渋谷パルコ5階に「PARCO OUTDOOR PARK(パルコ アウト... 続きを読む

VOL.46

驚きのアレンジレシピが続々。おいしく愉しいデリ気分で、災害備蓄を日常に

2021年は東日本大震災から10年となる節目の年。地震や豪雨被害などが相次いでいるなか、命に直結する「食」の備蓄は必要不可欠だ。味にもパッケージにもこだわった「IZAMESHI(イザメシ)」は、デリ気分で味わえるメ... 続きを読む

VOL.47

その裏側がおもしろい。アートな佇まいのポラロイドで“一瞬”を永遠に

普段何気なく見ているモノの裏側を覗くと、知っているようで知らないストーリーに出会うことがある。現在、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のミュージアムショップ「MoMA Design Store」で発売中の「Pola... 続きを読む

VOL.48

“自分の身体の理解”はスタンダードへ。さらに予期せぬ気づきを得る最新フェムテック

ライフスタイルが多様化してきたことで、これまで見過ごしてきた悩みや不安を見つめ直し、向き合おうとする機運が今までになく高まっている。女性のウェルネス課題もそのひとつ。一過性のムーブメントと傍観せず、誰もが自分自身の... 続きを読む

VOL.49

まずは映画から。フィンランド式で暮らしをもっと心地よくする方法。

日照時間が短く厳しい寒さが続くフィンランドでは部屋の中で過ごす時間を快適にするためのアイデアが長い年月をかけて育まれてきた。そんなフィンランド式の快適さを自宅に取り入れるべく、ヒントとなるモノ・コト3つを紹介しよう。 続きを読む

VOL.50

豊かな「余白」を求めて。アートに彩られた公共空間で、創造力を高める

オンラインを中心とした新しい生活様式によって、偶発的に“何か”に出会うチャンスを失っているのかもしれない。もし漠然とそんな思いがよぎったら、10月2日(金)からスタートする横浜・象の鼻パークでのアートプロジェクトに... 続きを読む

VOL.51

秋の夜長は香りを整えたい。表情豊かなホームフレグランスで贅沢なひとり時間を

暗くなる時間が早まり、日ごとに秋めいてきた。部屋での静かな夜こそ自分の好きなものだけに囲まれて贅沢に過ごしたい。より気分を高めるなら、新しいホームフレグランスで部屋の香りごと一新しよう。今の気分に寄り添う香りとお気... 続きを読む

VOL.52

久しぶりの屋外イベントで気分一新。初秋の爽やかな風に満たされる

暑さもひと段落して、秋風が爽やかな季節になってきた。心地よさに誘われて深呼吸がしたくなったら、空が大きく広がる場所へ足を運んでリフレッシュしたい。知らず知らずのうちにこわばっていた心や身体が解放されていくのを実感で... 続きを読む

VOL.53

植物にはない癒やしを。自宅で愉しむ「石」プロダクト3選

地球の活動で何百万年、何億年もの時間をかけてできあがる「石」。石を眺めたり触ったりすることで、植物とはまた違った癒やしが得られる。そんな石の魅力に焦点をあて、自宅に取り入れられる癒やしグッズとしての「石プロダクト」... 続きを読む

VOL.54

ハローキティがもたらした価値観の革命。サンリオ展で「カワイイ」カルチャーを紐解く

日本を代表するキャラクターである「ハローキティ」をはじめ、これまで多くの人気キャラクターを輩出してきたサンリオ。2020年に創業60周年を迎え、これまでの歴史を紐解く展示会が六本木ヒルズの東京シティビューで始まった... 続きを読む

VOL.55

秋風で贅沢リトリート。今だけのアートなサウナとナイトプール「NAKED NIGHT SAUNA×HOTEL NEW OTANI-CITY RETREAT-」

暑くなくなり、本格的に寒くなる前の今の季節。屋外での風が心地よい秋だからこそ、アウトドアサウナが気持ちいい。都会の真ん中・ホテルニューオータニではアートサウナを軸とした週末限定のリトリートイベントが開催中だ。この夏... 続きを読む

VOL.56

日本一高い場所での映画祭? SHIBUYA SKY屋上で出会う、素晴らしき映像作品たち

自宅で見られる映像が多様化しても、映画館でしか見られない映像作品がある。そして、映画館で上映しているからこそ気になる作品も多い。特にミニシアターは、独自のセレクトで未知なる映像世界を提案し、いつも私たちに新しい刺激... 続きを読む

VOL.57

始まりはやはり渋谷から。都市型ナイトマーケットで、明日を考える

渋谷の夜が少しずつ動き出している。お気に入りの服をまとい、気分を高めて出かけることから遠ざかっている人こそ、大人のためのナイトマーケットに足を運ぼう。明日はどんな自分になっていたいだろう、どんな時間を過ごしたいだろ... 続きを読む

VOL.58

秋空の下、上野公園へ。「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」の楽しみ方

春夏秋冬の花が表現された7点の日本美術の古典と、乃木坂46が演じるビジュアルアートを重ね合わせて紹介する意欲的な展覧会「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」が上野の東京国立博物館・表慶館にて開催中。これは、美術... 続きを読む

VOL.59

毎晩の夢がエンタメに。夢のシナリオをコントロールして睡眠時間を楽しく

寝ている間に自分の望み通りの夢が見られたら、睡眠そのものがNetflixのようなエンタメになる。単なる現実逃避ではない。夢をクリエイトすることはメンタルヘルスにも効果的だといわれる*。本日はその可能性を広げる画期的... 続きを読む

VOL.60

鳥羽シェフ総合演出“目に触れるすべてがスペシャル”なレストラン「Hotel’s」

苦境の飲食業界にあっても精力的に活動しているsioチームがこの秋、新しいお店をオープンした。最大の武器である “味”以外にもこだわり抜いた、青山の新アドレス。レス... 続きを読む

VOL.61

この秋、絶対外せない。ハイセンスな極上ベーカリー表参道「amam dacotan」

福岡で絶大な支持を得る人気ベーカリー「amam dacotan」が待望の東京初出店。商品の美味しさだけでなく、空間美やカフェで過ごす時間の心地よさが人気のカフェ併設のベーカリーだ。わざわざ行く価値のあるこの秋最注目... 続きを読む

VOL.62

注目すべきは体重ではなくボディデータ。トレーニングのやる気が高まる採寸アプリ

昨今のダイバーシティ化により、“美しい”の基準は“ありのままの姿を受け入れること”というポジティブな方向に変わりつつある。それに伴い、トレーニングにおいても体重ではなくボディデータ重視に。そんな体型にまつわるデータ... 続きを読む

VOL.63

【会期終了】個性派逸品がそろう。手しごとと出逢う「TRACING THE ROOTS」

2015年からスタートした人気のマーケットイベント「TRACING THE ROOTS 旅と手しごと」がこの週末、下北沢で開催されている。元々はバイヤー向けの展示会としてスタートしたイベントだが、現在では誰でも楽し... 続きを読む

VOL.64

ひと皿が何十倍もおいしくなる。『食べ方図説』に見る次なる食の楽しみ方

食べる順番やトッピングによる“味変”など、誰もが人しれず実行しているであろう食べ方のクセやこだわり。その工夫ひとつで食べ慣れたメニューでも新たなおいしさが発見できることも。食の楽しみ方は、味やルックスだけじゃないの... 続きを読む

VOL.65

マスクの下、お手入れしてる!? 今こそ自宅でできるサブスク型ホワイトニングを

“マスクの顔”がキレイでも、それをはずしたときの素顔のケアが行き届いていなければ、鏡で見る自分の姿にガッカリすることも。そこで注目したいのが、歯のホワイトニングだ。通院せずにアプリを使ってホワイトニングケアができる... 続きを読む

VOL.66

みんな知っているアレの「大贋作展」。カフェでアートなゆるさが愉しい

今シーズンは海外からやってきた大型企画展が大豊作。とはいえ堅苦しい美術展示や、みんながこぞって押し寄せるアート展はなんだか苦手、でもアーティな雰囲気は好き……そんな天邪鬼な人にこそおすすめしたいのが「ノーマークな大... 続きを読む

VOL.67

美味しい完全栄養プロテイン「KOREDAKE」。がんばらないウェルネスが心地よい

ダイエットや運動後の飲み物というイメージが強いプロテイン。だがここ数年、「飲む美容液」として美容や健康のために飲む人が増加中だという。さまざまな企業やブランドが参入するプロテイン市場のなかでも圧倒的に女性の支持を集... 続きを読む

VOL.68

アートブックでポジティブな視点を。今年のTABFは“2会場”を遊びこなす

「本」という形態を通した芸術表現、アートブック。国内外の出版社やギャラリー、アーティストによる独創的なアートブックが東京に集結するイベント「TOKYO ART BOOK FAIR(TABF)」。バーチャルとリアルの... 続きを読む

VOL.69

観て、描いて、食べる。この秋マストな「ゴッホ展」に行く前にしたい3つのこと

連日大盛況だとメディアを賑わす現在開催中の「ゴッホ展」。日本のゴッホ人気はいまに始まったものではないが、彼が描きたかった世界観はどんなものだったのだろうか。作品を観るだけでなく、その奥にあるゴッホの世界。それを知る... 続きを読む

VOL.70

もっとうまく身体とも、社会とも付き合う。Nagiから始める“私らしさ”

機能性とファッション性を兼ね備えた吸水ショーツが人気のNagi。2020年5月のブランドスタート以来、フェムテックシーンの先頭を走ってきたパイオニアだ。“自分らしく”生きることをモットーにしたNagiが、衆議院議員... 続きを読む

VOL.71

集えスパイス好き。久々の街歩きで愉しむ「下北沢カレーフェスティバル」

今年10回目を迎える「下北沢カレーフェスティバル」。カレー店のみならず、喫茶店からうどん屋までもがカレー味に染まる18日間、124店舗でここだけの“カレー”が登場する。食欲の秋、スパイスで心も身体もあたためて、久々... 続きを読む

VOL.72

インテリアはプロに相談。ヴィンテージ家具に特化した空間コーディネートサービス

デザイナーズ家具ブームを経て、いまヴィンテージものやアンティークのインテリアが注目されている。だがヴィンテージの風合いとはかけ離れた東京の賃貸物件で、それらをうまく調和させて取り入れるのは難しい。そんな時に利用した... 続きを読む