HOME WELL BEING STAY HOME AND GET READY いつかのためにいまできること

WELL-BEING

STAY HOME AND GET READY いつかのためにいまできること

OUTLINE:

人生の中で「外に出る自由」を奪われる日々が来るなんて想像もしていなかった。今はSTAY HOME、大切な命を守るために家に止まることが肝要だ。でも、ただ自宅でネットやSNSに飛び交う情報に心惑わされ「嵐が過ぎ去るのをじっと待つ」だけでよいのでろうか?コロナ渦のあと、世界は変わる。今までのようにはいかないこともたくさんある。だからこそ、自分を見つめ直し、自分を強くして、より激動の世界の中で自分らしく生き抜くすべを見つけたい。様々なジャンルで輝く人たちの「いつかのためにいまできること」のメッセージ集。

ARTICLE:

VOL.8

立ち止まって自分を見つめ直す。表現に生きる3人の女性たちの声

斉藤アリスさん、小林涼子さん、そして中田絢千さん。Harumari TOKYOでも数多くの企画に出演していただいている3人は、女優・モデル・執筆など表現の世界で個人の才能やセンスを持って活躍している。 しかし... 続きを読む

VOL.7

コロナ禍でオフライン・コミュニティはどう変わるのか?3人の運営者の今

オンラインのコミュニケーションがどれだけ発達しても、同じ場所に集まって情報交換したり歓びや課題を共有するフィジカルなコミュニティ体験は人生にとってかけがえのない存在だ。デジタルの時代のいまだからこそ、オフラインで繋... 続きを読む

VOL.6

レジャー・トレンドのキーマンたちが語るコロナ禍の今と未来

旅行にサウナにフィットネスにワークショップ。どれも数ヶ月前までは気軽に手にすることが出来たレジャーの過ごし方。コロナ禍の今、これらすべての愉しみを奪われ自宅での代替の手段を模索する日々。それはレジャー・シーンの担い... 続きを読む

VOL.5

息抜きを考えること、思いつめない心も大事/黒木華

本紙フリーペーパー春号にご登場いただいた黒木華さん。30歳を前にして、当時の心境や未来についてポジティブなメッセージを語って頂いたのはつい2ヶ月ほど前のことだ。それから新型コロナウイルスが猛威を振るい、舞台や映画と... 続きを読む

VOL.4

仕事が始まったらできないことを、今はとことんやろう/ヨシダナギ

先日発表された写真集も発売延期。それに関連した展示会やイベント出演も軒並みキャンセルという状況のヨシダナギさん。私たち同様、STAYHOMEを続けながら創作活動が出来ない日々が続く。ヨシダナギさんと言えば、弊誌でも... 続きを読む

VOL.3

クリエイションに向かう姿勢そのものを問われる時代が来た/大沢伸一

4月18日夜。m-floの☆Taku Takahashiさんが立ち上げた音楽・ポップカルチャーを紹介するメディア「block.fm」がオンラインでの音楽フェスを開催した。外出制限が続きライブやクラブなどフィジカルな... 続きを読む

VOL.2

今、この状況で『あなたはどうする?』って問われているのかも/夏木マリ

Harumari TOKYOに何度もご出演いただいている“我らが姐さん”こと夏木マリさん。舞台、映画、音楽活動など多彩に活躍されているマリさんも今は活動停止を余儀なくされている。今の心境、そして私たちが「いつかのた... 続きを読む

VOL.1

コロナ禍が奪った僕らの人生にとってかけがえのないもの/島崎昭光

今、この状況で、僕らは何を“失っている”のだろう? 実は、ちょっとよく分からなくなっている。 Harumari TOKYOは、オフタイムや週末の過ごし方を提案するメディア。「おでかけ」という選択肢を奪わ... 続きを読む

週末にやりたいことが見つかる
ニュースサイトやSNSと全く違う情報体験!

あなたのmetime(自分時間)の過ごし方を
まとめた「metime リスト」が完成。

アプリの詳細をもっと見る