HOME NEW TRENDS 東京 渋谷 渋谷駅 まさに“最新の東京”を体感! 国内最大店舗「アディダス ブランドセンター」が渋谷に登場
まさに“最新の東京”を体感! 国内最大店舗「アディダス ブランドセンター」が渋谷に登場

まさに“最新の東京”を体感! 国内最大店舗「アディダス ブランドセンター」が渋谷に登場

東京・渋谷に「アディダス ブランドセンターRAYARD MIYASHITA PARK(レイヤードミヤシタパーク)」がオープンした。昨今のトレンドを詰め込んだ新店舗は、渋谷という街の新たなランドマークとなりそうだ。

新しいアディダスの店舗がオープンしたのはかつての宮下公園を再開発して誕生した「RAYARD MIYASHITA PARK」内。ガラス張りの2階建て。明治通り沿いに現れたこの国内最大級の規模を誇る新店舗は、存在感たっぷりだ。東京の中心である渋谷の街にふさわしく、店舗デザインや品揃えのコンセプトに掲げたのは、ズバリ「東京」だ。アディダスが街をテーマに取り組むのは、2019年秋にロンドン・オックスフォードストリートにオープンした旗艦店に続き2店舗目。ここでは、最新の東京を体験することができる。

アディダスのサステイナブルな歩みを知る

早い段階からショッピングバッグを紙製へと変更したり、店頭には衣類やシューズ、バッグなどを回収する「コレクターズ・ボックス」を設置するなど、近年のアディダスがサステイナブルな取り組みを加速しているのは有名な話。同店にはそのブランドの精神が存分に表現されている。

1階に設けたサステナビリティエリアでは、什器や装飾などにリサイクルポリエステルやファブリックを再利用している。過去にハイパフォーマンスとサステイナビリティを融合させた「100%リサイクル可能なシューズ」を発表して話題をさらったこともあるように、ここではその原点ともいえる海上を浮遊していたプラスチックごみをアップサイクルした「PARLEY OCEAN PLASTIC」を原材料にしたアパレルやシューズも見ることができる。

 

ジェンダー、ジェネレーションが結束する宮下公園を表現

エントランスには、一筆画家で知られるNANDE(南出直之)が手掛けた暖簾型のエントランスバナーを設置。1階から2階に渡って吊り下げられたバナーデザインは、東京のジェンダーやジェネレーションなどを表現する森羅万象をイメージしたもの。アーチ状に配置したのは地球という球体を意識したという。

そのほか、東京を題材にデザインされたアディダス Tシャツを一同に集約した「トーキョーショップ」や、フットボールラバーをインスパイアする要素が満載の「フットボールID」、直営店内日本最大面積を誇るキッズエリアなど、さまざまな楽しみかたを用意している。さらに、オープンを記念して店内の装飾を手掛けたRON TOPAZ(ロントパーズ)とNANDEによる限定Tシャツも発売。ここでしか買えない商品はギフトにも最適だろう。

アイテムを購入するだけに留まらず、ストアデザインを通じてサステイナブルやジェンダー、ジェネレーションなど東京に混在する価値観を表現した「adidas」のコンセプトストア。そんなアディダスが導く東京の世界を体験しに足を運んでみては。

MORE INFO:

アディダス ブランドセンター RAYARD MIYASHITA PARK

エリア: 東京 / 渋谷
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目20−10
電話番号: 03-5774-7100
営業時間: 月曜日 11:00〜21:00
火曜日 11:00〜21:00
水曜日 11:00〜21:00
木曜日 11:00〜21:00
金曜日 11:00〜21:00
土曜日 11:00〜21:00
日曜日 11:00〜21:00
祝日 11:00〜21:00