logo
2019.11.3

インテリアと生活雑貨の「ブランマリクロ」日本1号店が南青山にオープン

ブランマリクロ 南青山

イタリアのホームテキスタイル業界で名の知れたフェデリーギ社が展開する、インテリアと生活雑貨のブランド「ブランマリクロ」の日本第一号店が10月19日(土)にオープンする。

「ブランマリクロ」は、2001年にイタリア・トスカーナ州に誕生した、インテリアと生活雑貨を集めた、フェデリーギ家が家族経営するブランド。この「ブランマリクロ」を展開するフェデリーギ社は、1926年にイタリア・ピサで創立された、100年近い歴史を持つ由緒あるイタリア企業だ。現在は、創立者の孫にあたる姉妹のマリアンジェラとクラウディアのデザインで構築された「ブランマリクロ」が、同社のビジネスをリードしている。

特徴的な“シャビー感”が目を惹くオリジナルスタイル

「ブランマリクロ」のコレクションは、マリアンジェラとクラウディアの姉妹が織りなす完全なオリジナル。特徴的なシャビー感が目を惹くスタイルの源には、姉妹が幼少期を過ごしたトスカーナでの生活があり、そこに彼女達が成長過程で得たインスピレーションが融合されている。

コレクションの商品パレットカラーは、ホワイト・アイボリー・タープ・ダスティーグレー・その他の落ち着いた色合いで構成されており、トスカーナ発のシャビースタイルの根本となっている。

ファッションのように、春夏・秋冬で発表されるコレクション

「ブランマリクロ」では、ファッションのように、毎年、春夏と秋冬に新作を発表。パリやミラノの展示会で発表した新しいコレクションが店頭に並ぶのが、待ち遠しくなるブランドだ。

また、店舗はスタイルを提案する“体験型ショップ”となっており、その空間やライフスタイルの楽しみまで提案。アイテム群には、スタイリングには欠かせない装飾品も含むトータルコーディネートのアイテムがるので、店舗を訪れることが、ライフスタイルそのものを見直すきっかけにもなる。

イタリア国内の雑貨店やインテリアショップ、ビンテージショップなど約1,800拠点で販売されているという、「ブランマリクロ」。トータルコーディネートされた、体験型ショップに足を運べば、その人気も頷けることだろう。季節の変わり目、部屋のインテリアやライフスタイルを見直すきっかけを、探しに行ってみては。