毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME TOPICS LIFE STYLE 東京 渋谷 伝統産業の未来をアートと先端技術で切り開く「工芸ハッカソン」が渋谷で開催
伝統産業の未来をアートと先端技術で切り開く「工芸ハッカソン」が渋谷で開催

伝統産業の未来をアートと先端技術で切り開く「工芸ハッカソン」が渋谷で開催

11月30日(金)から12月2日(日)までの3日間、伝統工芸に異分野の発想を取り込み、新たな可能性を探るイベント「工芸ハッカソン2018」が開催される。

日本の伝統工芸を「守る」だけではなく、「活きた産業」にすることができないか。そんな可能性を探るイベントをご存知だろうか。

もともとは2017年、「国際北陸工芸サミット」の一環として富山県高岡市で開催された「工芸ハッカソン」。

「ハッカソン」とは、「ハック(hack)」+「マラソン(marathon)」の造語で、ソフトウエアやWEBサービスを作るときに使われる手法のこと。開発者やデザイナー、マネージャーが決められた期間一緒に作業して、各チームのアイデアや技能を競うことをいう。

昨年の工芸ハッカソンでは、金属工芸や漆芸の技と心意気を400年以上受け継ぐ高岡市を舞台に、地元の伝統産業の職人や工芸作家と、エンジニアや研究者、アーティストなどがチームを組み、公開プレゼンと審査会を経て、7つの新しいプロジェクトが生まれた。それらはイベント終了後も、継続されている。

 

気になるプロジェクトは?

例えばこちら。

素材調

金属という「素材」に注目し、新しい打楽器を制作。今回は真鍮(銅と亜鉛の合金)に着目し、その配合率を変えた3種類の素材を用い、響きの違いがわかる形状を作り上げている。今後、さらに多彩な音が出せるようにし、ミュージシャンによるコンサートなど開催するそう。

 

またこちらは、技術そのものに着目。

伝統技術の継承

技の習得に時間がかかるというイメージが強い伝統工芸の世界。このプロジェクトでは、ベテラン職人と見習い職人の作業の様子を撮影し、解析する。動画を比較して、姿勢や動作の違いを可視化することで、技の上達を目指すという。

今年は東京・渋谷でこれらプロジェクトの展示イベントが開催される。その他、展示をより深く掘り下げるためのイベントも多数実施予定。

富山県高岡市の伝統産業である、金属工芸と螺鈿細工の職人を招いて行われるワークショップが東京・渋谷で体感できるのは貴重な機会。イベントを一番の自分ごととして考えるきっかけになりそう。

すずがみ体験
螺鈿ネイル

職人・作家たちの古くて新しい価値観や技術に出会えるまたとない機会。伝統と革新の新しい融合が、私たちの生活を大きく変える瞬間に立ち会ってみよう。