HOME NEW TRENDS 気になっていた革製品の抗菌ケア。土屋鞄製造所からアンチウイルススプレーが登場
気になっていた革製品の抗菌ケア。土屋鞄製造所からアンチウイルススプレーが登場

気になっていた革製品の抗菌ケア。土屋鞄製造所からアンチウイルススプレーが登場

抗菌生活がすっかりと定着した“withコロナ時代”。だからこそ人や環境に優しい抗菌グッズを選びたい。そこで注目したいのが、日本屈指のレザーブランドの土屋鞄製造所から誕生した「6hr. アンチウイルススプレー」だ。アルコールをはじめとする刺激性の成分を使用しておらず、安心して使うことができる。

コロナ禍の影響で、身体だけでなく身のまわりのアイテムにも抗菌・抗ウイルス対策を施す人が増えている。そんななか土屋鞄製造所には「アルコール消毒で革が色落ちしてしまった」「ランドセルや革鞄をどのように抗菌・ケアしていいかわからない」というレザーブランドならではのユーザーからのお悩みの声が多数寄せられたそう。その要望に応えるべく開発されたのが「6hr. アンチウイルススプレー」だ。

本来、革製品はアルコール消毒に弱く、色落ちや劣化の原因となる。「6hr.」の主成分は、医療の現場でも使用されているアクリル系ナノポリマー。アルコールなどの刺激性の成分を含まないため、鞄や靴、小物、ソファーなどの皮製品に悪影響を与えず、細菌やウイルスの活動をしっかりと抑えることができる。

持続力のある抗菌・抗ウイルス成分

使用できるのは革製品だけではない。スマホやマスク、テーブル、ドアノブなど、身のまわりの気になる箇所にシュッと吹きかけるだけで簡単にケアできる。アルコールや塩素、金属などの成分を含んでいないため、金属アレルギーの人や小さな子どもがいる家庭でも安心安全。また、第三者試験による毒性テストも行われ、人体やペット、植物にも無害であることも実証されている。万が一、口などに入っても人体の酵素で分解できる成分のため問題はない。

※肌に触れても安心ですが、手指に使うことを目的とする商品ではありません

噴霧しやすいスプレータイプも嬉しいポイント

それだけ優しい成分となると、菌やウイルスに対してきちんと効果があるのかが気になるところ。アクリル系ナノポリマーを主要成分にした「6hr.」は、抗菌・抗ウイルス特性の持続力が大きな特徴。パソコンやドアノブなどの無機材に吹きかけると約1週間抗菌・抗ウイルス特性が持続する。肌に直接触れるマスクの内側には、6時間おきの噴霧がおすすめだ。

アルコールを主成分とするタイプはすぐに揮発してしまうが、「6hr.」は無機材に使用すると約1週間抗菌・抗ウイルス特性がキープできる。

デリケートな革製品をはじめ、身のまわりの気になる箇所に使える抗菌・抗ウイルスアイテム。外出前と帰宅後にシュッと吹きかける、安心安全なウイルスケアをこの機会に取り入れてみては。