HOME WELL BEING THE SEIRI HACK 〜生理はもっとラクになる〜 産婦人科医・高橋怜奈先生にみんなの生理の悩みを相談!生配信ライブコマース実施レポート
産婦人科医・高橋怜奈先生にみんなの生理の悩みを相談!生配信ライブコマース実施レポート

VOL.8 産婦人科医・高橋怜奈先生にみんなの生理の悩みを相談!生配信ライブコマース実施レポート

生理痛をはじめ、経血量やメンタルに関する悩みまで、挙げればキリがないほど多様な生理の悩み。その上、個々で症状が異なるため同じ女性同士でも悩みを理解しあえるとは限らない。生理用フェムテックをテーマにした第2回目の「Harumari LIVE COMMERCE(ハルマリ ライブコマース)」では、女性たちが個々に抱える生理の悩みを産婦人科医の高橋怜奈先生にQ&A形式で質問する企画を実施。セルフケアから辛い症状に潜む病気まで、専門家の視点で解説してもらった。

女性のウェルネス課題を解決していきたいという強い想いを持つ企業「fermata」と一緒に、生理用フェムテックを紹介する「Harumari LIVE COMMERCE」。今回は、フェムテックのアイテムを紹介するだけでなく、生理に関する根本的な悩みや疑問にもフォーカス。ゲストに産婦人科医であり、SNSを中心に女性のウェルネスについて発信している高橋先生をお迎えして、和やかな雰囲気で番組が始まった。

番組はMC、岡野ぴんこの進行のもと、まずは高橋先生に生理の悩みや疑問をQ&A形式で答えていただく企画から。Harumari TOKYOのWEBサイト内で読者から事前に募集した質問を高橋先生に次々と聞いていく。

最初のお悩みは、多くの女性が共感するであろう、生理前のイライラや食欲が増すことについて。これはそもそも“症状”と呼べるものなのか?と悩む人も多いはず。どれくらい症状なら病院に行くべきで、さらに病院といっても
何科を受診したらいいか分かりにくく、半ば諦めモードの女性は多いのではなかろうか。高橋先生曰く、これは「月経前症候群(PMS)」の症状のため、産婦人科で漢方やピルを使った治療が可能だという。今まで生理痛を“仕方がないもの”だと認識していたMC岡野や「fermata」のリアさんは知らなかったと驚きの様子。

さらに話題は、自身の経血量について。人と比べることがないため、自分の経血量が一体どのくらいなのかを認識している人は少ないだろう。生理には一応の基準定義があり、生理期間の合計が20cc〜140ccが正常だとのこと。測らないといけないのか・・?と不安になるも、そこは使用している生理用品で大体推測できるのだという。ナプキンやタンポンには容量が記載されているため、その使用具合で量が多いと判断していいと高橋先生。なるほど、記載されている使用時間より「もたない」ようなら多いということか。
ただし生理期間の経血量を正確に計ることは難しく、使用後の生理用品から推測することしかできない。
ただし、フェムテック商品ならその点少し便利。前回のライブコマースで紹介した月経カップは目盛りがついているため、自分の身体を理解するのに便利だそうだ。実際に月経カップを愛用しているリアさんは、「月経カップに変えてから経血量をみるようになったため、自分の身体と向き合えるようになった」と高橋先生の説明に納得していた。

他にも、子宮頸がん検診や産婦人科との付き合い方など、女性たちが気になることをざっくばらんに高橋先生に聞いていく。一人ひとり異なる生理の疑問を解決していく中で、20代〜30代の女性にはまだ未知の領域である「閉経したら身体はどう変わるのか」という質問が読まれた。

先生曰く、閉経とはこれまで女性ホルモンによって起伏が激しかった身体が、ホルモンの減少により安定した状態になるという見方があるという。リアさんが「閉経はなんとなくマイナスなイメージがあるけれど、逆に閉経したことによってポジティブなことはあるんですか?」と素朴な質問を投げかける。確かに、あまりそういう話を聞かないが、気になる人は多いのではないだろうか。

「女性は毎月ホルモンの変動に振り回されて生活しているけど、閉経後はホルモンに振り回されず落ち着いた生活が送れるようになります」と高橋先生。

そんな中、話題は今回の視聴者からの質問で最も多かったデリケートゾーンのケアについてへ。毎日ケアを行っている割には、これまで正しい洗浄法を教わったことがないデリケートゾーン。最近は様々なブランドからリリースされる専用のソープをよく見るようになったが、まずはケアの必要性を聞いてみた。

「例えば、顔を刺激の強いソープで洗ったら目が染みるじゃないですか。目と同じようにデリケートゾーンも粘膜なので、そもそも専用のソープを使って正しいケアをする必要があるんです」

高橋先生の説得力のある説明を聞いたあと、リアさんが「fermate」で取り扱いのあるケアアイテムをいくつか紹介してくれた。

まずは、イギリス発のオーガニックデリケートゾーンケアブランド「YES」の商品。デリケートゾーンの粘膜が、ほかの部位の肌より約43倍も経皮吸収率が高いという事実を念頭に、ピュアな成分にこだわって開発したブランドだ。肌に刺激を与えるものを使用しない、合成化学成分、粘膜を刺激する成分を一切使用しない製品を、ソープからローションまでラインナップしている。

続いては、性への閉じた見方を変えようとローンチされた韓国発のブランド「EVE」のアイテムを。生配信第1弾で紹介した月経カップや吸水ショーツまであらゆる商品を展開しているブランドだが、こちらのデリケートゾーンウォッシュも女性から支持の高いアイテム。フォームタイプ(泡)の「YES」と比べ、オイルタイプなので、保湿力を重視したい人におすすめだ。

イブ オイルウォッシュ 200mL ¥2,700、同 フォームウォッシュ 150mL ¥2,700、Rael フェミニン フォームウォッシュ 150mL ¥2,480、YES インティメイト・フォームウォッシュ 150mL ¥2,480、同 インティメイト・ウォーターローションWE 50mL ¥1,600、同 オイルローションOB 50mL ¥1,800/全てfermta

デリケートゾーンウォッシュひとつとっても、テクスチャや香り、洗い上がりなど様々な選択肢がある。ただ、清潔にすればいいというわけではなく、必要な常在菌まで奪ってしまうとpHや菌のバランスが乱れてしまう。だからこそ、専用のソープやクリームなどで優しくケアすることが必要なのだ。生理中の快適さや衛生面だけでなく、なんとアンチエイジングにもなるというのでその重要性がひしひしと伝わってくる。

女性たちが抱える生理の疑問や悩みを解消し、デリケートゾーンケアの重要性に気付かされた第2回目の「Harumari LIVE COMMERCE」。今回、同時視聴数2,500人を突破したことを受けて、急遽今週に第3弾の配信が決定した。最終回は男性ゲスト、レンボー池田直人さんをお迎えし、男性目線で生理についてお届けする。詳しくは、下記の情報をチェックして。

 

開催日時: 2021年1月28日(木)21時〜22時(終了予定)
MC: 岡野ぴんこ(Harumari編集部)、中村寛子 (fermata)
ゲスト:お笑い芸人レインボー 池田直人
趣味:公園巡り(新宿御苑のパスポート保持)/カフェ巡り(毎日巡っている)/ポケモン(TX「おはスタ」毎週木曜にレギュラー出演中)/母親孝行(EX「アメトーーク」、「ロンドンハーツ」出演実績あり)/動物を可愛がる(特にアヒル)/ラジオ
特技:女装(化粧は自前、脱毛済み。※EX「ロンドンハーツ」出演実績あり)/将棋(初段。中学生時に関西大会3位)/タップダンス(教室に1年通う)/子役にまつわる話(5歳~17歳まで活動)/入門:NSC東京18期生

視聴URL: https://youtu.be/KFJYQ6a1JNU