ドイツ発のキックボードで
注目の的になる

Wind3.0

ドイツ・ベルリン生まれの電動キックボード 。実は、日本で初めて、公道走行用電動キックボードのシェアサービスをスタートさせたのはこの「Wind」。2020年4月からは、シェアサービスでも提供していた車体の予約販売を開始した。高い耐久性と防水・防塵性を備え、設計からデザイン、製造まで全て自社で開発しているという。また、従来機より大きな10インチの新型ホイールと、新開発のサスペンション機能を採用し、走行時の安定性も確保した。最高速度は18km/hで、1回のフル充電で約60kmの長距離走行が可能だという。

周辺情報