• EN
  • JA
HOME CAFE 東京 その他 その他東京都内の駅 自由に働く人必見。ブックカフェならぬ“参考書”カフェ下北沢「RBL CAFE」
自由に働く人必見。ブックカフェならぬ“参考書”カフェ下北沢「RBL CAFE」

自由に働く人必見。ブックカフェならぬ“参考書”カフェ下北沢「RBL CAFE」

昨今人気のブックカフェ。読書が好きな人のリラックス空間というイメージが強いかもしれないが、実際は書店で「参考書類」を探している人も多いのではないだろうか。そんな人のためのブックカフェが下北沢にある。仕事や日常にアイデアをくれる新たな拠点を探しているなら、ブックカフェ「RBL CAFE」へ行ってみよう。

下北沢駅前の南口商店街を抜けた先。ブックカフェ「RBL CAFE」は、繁華街と住宅街との狭間に建つマンションの1階にある。オーナーを務めるのは、約20年クイズ作家として活躍する仲野隆也さんだ。

テレビやゲーム、一般企業のイベントなど、さまざまな媒体のクイズの企画や問題作りを手がけている彼が、その参考資料として集めた蔵書と趣味の本の一部を開放したのがこの店。「RBL」とは「Reference Book Libraly(=参考書の図書館)」の意味で文字通り、彼の参考書を自由に手に取ることができる。

店内の両側の壁の天井高くまで埋め尽くされた本の数はなんと7000冊以上。”クイズ作家が手がけるブックカフェ”と聞いてついクイズ本を思い浮かべてしまったがその類のものはなく、あくまで問題作りの裏付け資料となる一般書籍が並ぶ。とはいえ、クイズを作ったことがない人にはどのような本があるのか想像がつかないかもしれない。

「”あらゆる本”といってしまえば身も蓋もないのですが…」と切り出した仲野さん。

「とにかくさまざまなジャンルの本があります。食やスポーツ、グラフィック、芸術、経済学、社会学、政治。アニメや芸能も……」

仲野さんの言葉を聞きながら棚の本をひとつひとつ見てみると、確かにジャンルは多岐にわたり、そのほとんどが実用書だ。辞典や全集、図鑑が多く目につくあたりに、なんとなく“参考資料”という意味合いを感じ取ることができる。

棚ごとに「Food&Drink」「Society」「Sports」など10数種類のカテゴリに区切られているのだが、ふと、あることに気づく。小説やエッセイなどが一切見当たらないのだ。ゆえに文庫本や新書もほとんどなく、どれも目立つようデザインされたハードカバーの本ばかり。店に入った時、他のブックカフェと違い本棚全体がやけにカラフルに思えたのはそのせいだったのか。

「そうですね、唯一、文学作品はありません。物語やフィクション、詩歌などは裏付け資料として使う機会が少ないので」。

ブックカフェと聞くとむしろ文学作品が大半を占める印象が強いが、この店には、日本を代表する作家の名著や歴代の文学賞受賞作、情緒あふれる人気エッセイストの作品などもないという。となれば、訪れる客もいわゆるブックカフェとはやや毛色が異なりそうだ。

「うちは、ノマドワーカーやフリーランスの方が多い印象です。Wi-Fiや電源も完備してるので、PCを持ち込んで仕事をしながらときどき立ち上がって調べものをしたり、興味のあるジャンルの棚におもしろそうな本がないか探しに来てはいろいろ読んで行かれたりします」。

仲野さんが集めた参考書が、客にとっての参考書にもなっているというわけ。ここは物語にふけるためではなく、実用的なアイデアやヒントが得られるブックカフェなのだ。

この店のスタイルは、長年仕事をするうえで仲野さん自身が求めていたものだそう。自宅は物で溢れ雑多になりすぎて集中できない。職場でもいいアイデアが浮かばないし、気分転換に街中のカフェに出かけても、お客さんの出入りも激しいし人目も気になる。ましてや出先だと、調べものをしたいと思った時にダイレクトでネット検索するしか手段がない……。そんな経験をしたことがある人も少なくないのではないだろうか。

「リラックスも集中もできて、何かをインプットしたりアイデアが生み出せたりする場所、いわゆる“サードプレイス”がほしかったんです」と仲野さんはいう。店内の席は、自分の思考に集中できるようほとんどが独立したひとり席に。なるほど、目の前が本棚というやや変わった配置だと感じたが、すべての席は他の客と目線があわない造りになっているのだ。

「私自身、集中しているときに話しかけられるのが嫌なので、自分からお客さんには話しかけないと決めています(笑)」。

この店を、長く自分の拠点のように使ってもらいたいからと居心地にはこだわっていると仲野さんは話す。明るい日差しが燦々と差し込む開放的な空間は、何時間でも気持ちよく過ごせるだろう。種類こそ多くはないが、カフェメニューは世田谷代田の「GLAUBELL COFFEE(グラウベルコーヒー)」の豆を使ったハンドドリップコーヒーやカフェオレ、横浜「MITSUTEA (ミツティー)」の紅茶などを揃える。

いいアイデアは、いい環境から生まれるもの。また、思いがけない発見や出会いがあるのが、ネット検索とは違う本のいいところだ。自宅でも職場でもなく、「RBL CAFE」を新たな自分の拠点としてみてはいかがだろう。ここにはきっとあなたと助けるヒントが落ちている。

取材・文 : RIN

MORE INFO:

RBL CAFE

エリア: 東京 / その他
住所: 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5丁目32−12
電話番号: 03-6805-2046
営業時間: 金曜日 13:00〜22:00
土曜日 13:00〜22:00
日曜日 13:00〜22:00
祝日 13:00〜22:00
定休日: 不定休
公式WEB: http://rblcafe.jp/

週末にやりたいことが見つかる
ニュースサイトやSNSと全く違う情報体験!

あなたのmetime(自分時間)の過ごし方を
まとめた「metime リスト」が完成。

アプリの詳細をもっと見る