HOME NEW TRENDS 注目商品・サービス サービス ダニエル・ラドクリフやベッカムも参加。小説「ハリーポッター」の朗読動画が公開
ダニエル・ラドクリフやベッカムも参加。小説「ハリーポッター」の朗読動画が公開

ダニエル・ラドクリフやベッカムも参加。小説「ハリーポッター」の朗読動画が公開

30代から40代の方は特に、リアルタイムで追いかけてきた人が多いのが、ファンタージー映画の金字塔『ハリーポッター』シリーズ。物語は完結済みなものの、スピンオフ作品『ファンタスティク・ビースト』シリーズの映画が第2弾までが公開されており、再びハリーポッター熱が再燃している方も多いのでは? そんな中、先日より一部のファンの中でも盛り上がっているのが、このコロナの影響で自宅待機する人たちの余暇として作者のJ・K・ローリングが立ち上げた公式サイト「Harry Potter At Home(ハリー・ポッター・アット・ホーム)」だ。

懐かしのあのメンバーや著名人がシリーズを朗読

こちらの4月1日のJ・K・ローリングのTwitterからもわかるように、公式サイト「Harry Potter At Home」は新型コロナウイルス感染拡大を受けてローンチされた、彼女の粋なプロジェクトである。このコロナ禍のオンライン授業で使えるように、小説『ハリー・ポッター』シリーズを第1巻から第7巻までの朗読動画を使用する権利を解禁したという。

サイトには、「ハリー・ポッター」魔法のほうきチャームの作り方やクイズなど面白いコンテンツが提供されているが、何よりファンたちの間で話題となっているのが、5月初旬より着々と公開が進んでいる1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』の各章をイギリスの著名人がリモートで朗読する動画である。

第1章「生き残った男の子」には、主人公を演じたダニエル・ラドクリフが登場。章ごとに俳優たちがバトンを繋いでおり、第2章「消えたガラス」を舞台版でハーマイオニー役を演じたノーマ・ドゥメズウェニが、第3章には映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズで主演を務めたエディ・レッドメインが朗読している。

現在は第3章までの公開だが、今後はリーズのイギリス版オーディオCDの朗読者としても有名な俳優のスティーヴン・フライやダコタ・ファニング、スポーツ界からはサッカーの元イングランド代表のデビッド・ベッカムらが登場する予定。本作は全部で17章。残りの著名人は誰が登場するか、今後が気になるところである。

動画の全編は公式サイト「Harry Potter At Home」にアーカイブされており、ストリーミングサービスのSpotifyでは音声のみで楽しむことが可能。出演時よりグッと大人びた俳優陣たちの姿を再び画面で拝むのを心待ちにしたい。