HOME NEW TRENDS 不朽の名作を新たな視点で見つめる「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」
不朽の名作を新たな視点で見つめる「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」

不朽の名作を新たな視点で見つめる「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」

幼い頃から誰もが親しんできた国民的漫画「ドラえもん」。示唆に富んだ内容には、大人になった今だからこそハッとさせられることが多分にある。そんな不朽の名作から“1コマだけ”取り出して楽しもうというのが4月18日(日)まで渋谷PARCO8階「ほぼ日曜日」で開催されている「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」だ。額装された絵をじっくりと見つめたら、知っているシーンも少し違った見え方になるはず。

キャラクターの感情を言葉ではなく絵から読み取って

開催のきっかけは、 “絵を鑑賞する”をコンセプトにした『THE GENGA ART OF DORAEMON ドラえもん拡大原画美術館』[小学館/定価6900円(税込)藤子・F・不二雄作、橋本 麻里編)]の出版。展示される作品は、この画集に収録されるものから選ばれている。

とはいえ並ぶのは、誰もが知る名場面だけではない。キャラクターの驚きやよろこび、かなしみ、怒り、といった感情が言葉ではなく絵で表現された、1コマで楽しめるものが厳選されているのだ。展示作品は、すべて、藤子・F・不二雄先生が描いた「原画」を高解像度でスキャンし、拡大したものを印刷して額装した。そのため、鉛筆で書かれた文字や貼り付けられた写植、修正されたホワイトの跡など製作過程の片鱗を覗くことができる。

画集はイベント会期の途中、4月3日(土)から「ほぼ日曜日」と「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」にて特典付で先行販売。「ほぼ日曜日」、もしくはオンラインの「ほぼ日ストア」で購入すると、初回限定特典「特大アートカード」2枚(六つ切りサイズ 20.3×25.4センチ)にくわえて、もう1枚、六つ切りサイズの「特大アートカード」が特典としてついてくる。

さらに会場では、1コマをモチーフにしたオリジナルTシャツの受注販売も実施。用意されたデザインの中から好きな絵、カラー、サイズを選ぶことができるセミオーダーとなっている。他にも特製のサコッシュや、「HOCUS POCUS」によるキャラクターをイメージしたドーナツなど、ファン必見のラインナップ。訪れた際は、ショップでお土産もチェックしたい。

また「おとなもこどもも1日あそべる藤子・F・不二雄ミュージアムに行こう!」と題したコーナーも会場に用意。『ミュージアムに行って、このコマを探そう!』という1コマを、川崎市にあるミュージアムの展示原画のなかから見つけるとキーワードを知ることができる。それをほぼ日曜日のイベントページからアクセスできるフォームに入力すれば、プレゼントがもらえる連動企画だ。会場では、予約不要で日時指定もない「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」のチケットが特別に販売されるため、気になっていた人はこの機会にぜひ。

誰もが知る「ドラえもん」をまた新しい角度から見ることができる「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」。改めて魅力にどっぷり浸かり、1コマが持つ力を感じてみてはいかがだろうか。

MORE INFO: