logo
2019.10.12

国内外から約60店舗が参加。日本最大級のコーヒーイベントが青山で開催

TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019 autumn(トーキョーコーヒーフェスティバル)

日本最大級のコーヒーイベント「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019 autumn」が、10月19日(土)、20日(日)の2日間、青山にて開催。コーヒーの飲み比べやコーヒーアイテムなどを購入することができる、この秋注目のイベントだ。

オレゴン州・ポートランドから日本初出店の8店舗が集合

アメリカの西海岸にあるオレゴン州・ポートランド。コーヒーの街として知られるシアトルの少し南の方に位置するこの街は、シアトルに負けないくらいコーヒーが愛されているという。そんなポートランドから日本初上陸店が登場する日本最大級のコーヒーイベントがこの度開催。コーヒーブレイクと言いわれるほど、日本人の生活に欠かせない存在であるコーヒー。お気に入りの一杯を探しに足を運んでみよう。

第12回目となる「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019 autumn」は、「GUEST CITY」「CUP OF ASIA」「RELATED GUEST CITY」といったそれぞれのカテゴリーで、ロースターやコーヒーショップ、コーヒーアイテムなどが一堂に集結する。

まず、「GUEST CITY」では、毎年世界各地の都市に焦点を当て、その土地のコーヒーカルチャーや歴史に加え注目のロースターを紹介する。今年は「コーヒーの聖地」とも呼ばれる、オレゴン州・ポートランドをピックアップ。コーヒーショップやクラフトビール醸造場、ハイセンスなブティックホテルとして人気の「ACE HOTEL」があるなど、トレンドを発信する街のコーヒーカルチャーに注目だ。今回は、日本初出店となる「Prince Coffee」「Proud Mary」などのコーヒーロースター・カフェ、クラフトチョコレートメーカー「Cloudforest Chocolate」、レストラン「Tusk」などが来日し出店する。

アジアのコーヒーシーンを紹介する「CUP OF ASIA」は、スペシャルブースとして登場し、4つの店舗が杯数限定でコーヒーを提供する。また、「RELATED GUEST CITY」では、山梨県からユニークな店舗が会場に集結するのでそちらにも注目だ。

そのほか、恒例の飲み比べでは、約30ロースターのコーヒーの飲み比べが可能。オリジナルミニマグカップのデザインは、ポートランドで活躍するアーティスト「シエラ・ローファー」が、このイベントのために描き下ろしたものが用意される。オリジナルトートバッグの限定販売など、オリジナルグッズも登場予定。

コーヒーを飲むだけでなく、ライフスタイルの中に取り入れることで人生はもっと豊かになるということを体現しているこのイベント、ぜひチェックしてみては。