HOME NEW TRENDS 注目商品・サービス 商品 非常食なのに”おいしい”。普段使いもできるリゾットが登場
非常食なのに”おいしい”。普段使いもできるリゾットが登場

非常食なのに”おいしい”。普段使いもできるリゾットが登場

毎年のように災害が起こるため、日本では非常食への関心が高まっている。そんななか、非常食やレジャーで重宝する長期保存が可能な“おいしいリゾット”が登場した。ただストックするだけではもったいない、日常食としてもオススメのそのリゾットとは?

非常食というと、どんな食べ物を思い浮かべるだろうか。定番の乾パンやアルファ米、また、日常的にも重宝する缶詰、即席ラーメン、レトルト食品など、すでに自宅にストックしている人も多いだろう。自然災害の猛威を目の当たりにする昨今、非常食を備えておきたいというニーズも高まっている。

ただしこれらの非常食の大半は、味がいまいちだったり、調理が手間だったり、残り汁や袋ゴミなどの処分に困ったりと、デメリットも多々ある。そこで今回紹介したいのが、これらのデメリットをクリアする新しい非常食「ビバークレーション」だ。

インスタントのリゾットだが非常食用として、少量のお湯で作ることができ、食後のゴミも少ないのが特徴だ。また、こだわりの素材を使用し、味もおいしい。乾パンなどの非常食を最後まで完食するのは難しいのものだが、ビバークレーションであれば最後までおいしく食べられるのだ。

また、形状がコンパクトで備蓄にも最適。大きさは12cm×18cmとハガキサイズで、重さも80gとかなり軽量。缶詰などはかさばってしまうが、これならスペースの限られる防災バッグにも忍び込ませることができる。

通常のカップラーメンは450cc程度のお湯を必要とするが、ビバークレーションはたった200ccでOK。スープも飲みきれるから、処分の手間はかからない。お湯を注いで40秒と超時短調理が可能で、ほかほかのできたてを味わえるのも魅力だ。

カレー味や海苔茶漬けなど、味のバリエーションは4種類。1食400kcalと満足感も十分だ。Vegan対応なので、肉や魚などの動物性食材は使っておらず、菜食主義の人でも安心して食べることができる。

長期保存ができ、非常食としてのストックにも適しているが、普段使いにもおすすめだ。例えば、お湯を注いですぐ食べられるから、慌ただしい朝の食事にも最適。目覚めのコーヒーを淹れるついでに、ビバークレーションにお湯を注げばいい。他にも、夜中に小腹がすいたときにも、ビバークレーションは役立つだろう。

おうちの戸棚に常備しておけば、もしものときの災害時、アウトドアなどのレジャー時だけでなく、普段の食生活も充実する。実際に試してみれば、その便利さ、おいしさの虜になるはずだ。

MORE INFO:

BIVOUAC RATION

エリア: 注目商品・サービス
公式WEB: http://ultralunch.net