昔懐かしのナポリタンで
しばしタイムスリップする

不純喫茶ドープ

「切ない気持ちのゴミ捨て場 夜になると開きたくなる扉」をコンセプトにかかげる、昼は純喫茶、夜は喫茶酒場となる喫茶店。“不・純喫茶”は、アルコールを提供することや、現代のアートワークと音楽を取り入れることから。純喫茶だった物件を居抜きしたノルタルジーな雰囲気で味わう、極太麺のナポリタン、固めのプリン、クリームソーダが“エモい”と人気。

周辺情報