logo
2019.2.19

仕事終わりの待ち合わせから深夜メシまで。恵比寿で使える夜カフェスポット

ura ebis.(ウラエビス)ディキシーダイナー 恵比寿店umineko ebisu(ウミネコ エビス)

コーヒーだけでもしっかり食事でも。そしてお酒だって楽しめるのがカフェのいいところ。それなら仕事終わりのさくっとごはんや、二軒目の選択肢に「夜カフェ」へ。今回は、深夜までオープンしている恵比寿の夜カフェスポットをご紹介。

ura ebis.

ちょっと遅めの時間に友人と待ち合わせた時、片やお腹ペコペコ、片や夜ごはんを済ませている、なんていうこともあるだろう。そこでおすすめなのが、夜でもフレンチをベースにした食事とカフェメニューの両方を楽しめる「ura ebis.」だ。パスタなどでしっかりお腹を満たすも、コーヒーやお酒などドリンクだけを楽しむも、各々の好きなように。もうお店選びに困ることも無いだろう。同店は恵比寿西の裏路地にあるので、駅前の喧騒から離れてゆっくり過ごせるのも嬉しいポイント。

飲んだ後に訪れたい、5軒のシメカフェ

ディキシーダイナー 恵比寿店

お酒を飲んだ後に友人と甘いものを食べに行くなら、恵比寿プライムスクエアタワーの広場にあるカフェダイナー「ディキシーダイナー 恵比寿店」で決まり。同店では、中はふんわり、外はカリッと香ばしいパンケーキが、一度食べたらヤミツキになると大人気。さらに、落ち着きのある恵比寿の夜の雰囲気を感じられる窓付近のソファ席が、ゆったりと過ごすにはぴったりなのだ。甘いものをつつきながら、友人同士でのんびり語らいたい夜にぜひ訪れてみて。

umineko ebisu

仕事を終えて気軽に一人で外ごはんをしたい日は、カジュアルイタリアン「umineko ebisu」がちょうどいい。日比谷線出口から徒歩1分という好立地な上、アンティークな壁やスタイリッシュな家具で温もりのある空間。カウンター席もあるため、一人でもマイペースに食事を楽しむことができるのだ。同店はパスタが自慢で、自分でセレクトした麺でオイルベースやトマトソースなどのオリジナルメニューを提供してくれるのだ。この特別感はヤミツキになる。いつの間にか常連になっているかもしれない。