logo
2019.2.8

21時以降でもOK。深夜もゆっくり過ごせる渋谷のカフェ

Cafe BOHEMIA(カフェボヘミア)幻幻庵T4 TOKYO(ティーフォー トウキョウ)MOJA in THE HOUSE渋谷(モジャ イン ザ ハウス)夜パフェ専門店 Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

時計の針は21時を回った。だけど、帰るにはなんだか少しだけ早い。友人とまだまだ話し足りない夜。そんな時は、食後、飲み後の“2軒目”に使える「夜カフェ」へ。お酒でもコーヒー、お茶でも、使い勝手の良い渋谷の夜カフェをリストアップ。

Cafe BOHEMIA

エキゾチックな内装が特徴的な「Cafe BOHEMIA」は、何と朝の5時まで営業している深夜カフェ(月曜~土曜)。つまりついつい話し込んで終電を逃してしまっても、ここなら朝まで過ごすことができるのだ。同店には、自家製スイーツやフレンチ・イタリアンを取り込んだ地中海料理のほか、上質なブレンドコーヒーやノンアルコールメニューも豊富。小腹が空いてくる時間帯でもお腹を満たせるのは嬉しい。
薄暗いムーディーな店内の雰囲気や音楽も異国情緒あふれる空間は新鮮で、ずっとそこにいても飽きることがないので、始発までの時間もあっという間に感じるのだ。今度から渋谷で終電を逃したら「BOHEMIAへ行こう」が合言葉になるかも。

幻幻庵

東京のストリートカルチャーが色濃く根付く宇田川町。そこで注目を集める日本茶スタンド「幻幻庵」は、木曜から日曜までは夜の23時まで営業している。さっぱりとしたものを欲する夜の時間帯、じんわり沁みる日本茶を味わうと、日本人なら誰もがほっとするのではないだろうか。日本茶と言うとお堅いイメージがあるかもしれないが、同店はスタンディング席で楽しめるカジュアルさがありがたい。
また、コンクリート打ちっぱなしのアーバンな内装の壁には、懐かしのカセットテープがずらり。音楽やカルチャーに興味のある友人を連れてきたら、お互いの趣味の話にも華が咲くことだろう。

T4 TOKYO

アクティブな友人と訪れるなら、食事と一緒に卓球を楽しめる複合型施設「T4 TOKYO」が最高に楽しい。同店は本格的なイタリアンや卓球コンセプトのフードなどを提供しているので、普通に夜カフェとして利用するだけでもいいのだが、実はフードを注文した人は、無料で卓球で遊ぶことができるというオプション付き。カフェでただ話すだけじゃなくて、何か楽しいことをしたい時、卓球という選択肢は、あり。身体を動かすのが好きな同士であれば、盛り上がること間違いなし。夜をめいいっぱい遊び尽くしたい二人におすすめだ。

MOJA in THE HOUSE渋谷

宮下公園交差点近く。「MOJA in THE HOUSE」は、照明を抑えたアメリカのバーの様な雰囲気の中で過ごすことができるカフェだ。ゆったりとしたソファ席が充実している同店は、渋谷の喧騒を忘れて、静かに落ちついて語らいたい夜にぴったり。周りの席との間にゆとりがあるので、話に夢中になっても気にならない。そしてその会話のお供には「レッドヴェルヴェットケーキ」を。目が覚めるような真っ赤なケーキは、ふんわり軽い食感とベリーソースの甘酸っぱさが絶妙で、ごはんを食べた後でもペロリと食べれてしまう。ただただ話し込みたい夜は、街とはギャップのある大人空間と甘いデザートが鉄板だ。

夜パフェ専門店 Parfaiteria beL

夜のみオープンする札幌発のパフェ専門店「Parfaiteria beL」は、お酒を飲んだ後に訪れたくなるお店だ。同店のパフェは「夜パフェ」と称すにふさわしい内容。と言うのも、ホイップした生クリームやコーンフレークたっぷりのパフェではなく、生のフルーツをふんだんに使ったソルベやさっぱりとしたジェラートなどが盛り込まれ、お酒もほんのりと香る、大人のためのパフェ。なので、夜でも驚くほどさっぱり、ほろ酔いのいい気持ちで食べることができるのだ。
「夜なのにこんな甘い贅沢をしていいのだろうか」と思いつつ、パフェをつつきながら友人との時間をシメる。宝石箱のようなパフェを前にすれば、その幸福感には抗えないはず。

【関連記事】
【2019年最新】渋谷のおすすめカフェ。ランチ、夜、仕事など目的別に厳選