logo
2019.3.3

人気の街・吉祥寺は、ゆっくり過ごせるカフェを選ぶ。編集部おすすめの厳選カフェリスト

pepacafe FOREST(ペパカフェ フォレスト)Alley cafe(アリーカフェ)CAFE ZENON(カフェゼノン)アムリタ食堂

住みたい街・吉祥寺は、おでかけにも最適なエリアであり都内有数のカフェ天国でもある。その中でも、絶対に押さえておくべきカフェを編集部がセレクト。ランチが充実、ユニークなコンセプト、家族で落ち着ける…。さて、気になるカフェはどれ?

pepacafe FOREST

吉祥寺に来たら、井の頭公園は誰もが訪れることだろう。ボートに乗ったり散歩を楽しんだりした後は、そのまま園内にある「pepacafe FOREST」で過ごすのがおすすめ。エスニックカフェである同店は、公園の緑に囲まれており、アジアンリゾート風の雰囲気。店内に飾られたトゥクトゥクや屋台風のインテリアデザインが、より現地感を倍増させている。もちろん、ガパオライスやグリーンカレーなど、料理の味も本格的。旅行やエスニック料理が好きなら、「pepacafe FOREST」で気軽にアジアントリップを楽しもう。

【関連記事】
春のおでかけの定番は公園。緑溢れる公園散歩のお供に使える東京の「公園カフェ」まとめ

Alley café

午前中から古着屋や雑貨屋巡りを楽しんだら、ランチでひと休み。せっかくなら、吉祥寺で評判のランチへ行ってみよう。吉祥寺駅の公園口から徒歩2分の場所にある「alley café」のランチは、ライスにパスタ、パニーニなどからチョイス可能。そこにドリンクバーまで付いて各1,080円という、コスパも言うことなしの内容だ。しかも料理やドリンク、スイーツは極力手作りにこだわっており、その美味しさには定評あり。大満足間違いなしだ。店内はソファー席中心だが、窓側には一人でも過ごしやすいカウンター席もあるので、グループでもお一人さまでもウェルカム。

CAFE ZENON

吉祥寺でユニークなカフェといえば、間違いなく「CAFE ZENON」だ。店内を見渡してみると、「漫画」をモチーフに創られた数々のアート作品が並ぶ。また、毎月異なるクリエイターたちの展示も行われ、日本のカルチャーに触れることができる展覧会のようなカフェなのだ。さらに、漫画やアートの分野に明るくないという人も心躍らすコンテンツが。同店は多彩なラテアートが自慢なので、好きなイラストや写真のラテアートをリクエストすることができるのだ。目で見て楽しむ「空間カフェ」。この独特の世界観に、きっとハマってしまうはず。

アムリタ食堂

最後に、エスニック料理を楽しめるお店「アムリタ食堂」をご紹介。本格的タイ料理と丁寧なおもてなし、そして「治外法権なゆるさ」が特徴という同店は、ソファー席が充実していたり、オムツ替えのスペースがあったりと、こども連れにも優しいポイントが盛りだくさん。食事は老若男女問わず食べられる「辛くなくても美味しいタイ料理」がラインナップされているので、辛いものが苦手な人や、小さなこどもともシェアしながら楽しむことができるのだ。この懐の深さが、家族とのお出かけをより楽しい時間にしてくれる。家族ランチをするならここで決まりだ。