• EN
  • JA
HOME TOKYO CAFE GUIDE 東京 東京・丸の内 東京駅 世界初!ドリップマシン導入のブルーボトルコーヒーが東京大丸店にオープン
世界初!ドリップマシン導入のブルーボトルコーヒーが東京大丸店にオープン

世界初!ドリップマシン導入のブルーボトルコーヒーが東京大丸店にオープン

ハンドドリップコーヒーの「ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)」が、4月24日(水) 、大丸東京店内に新店舗をオープン。新カテゴリー「クイックカップ」を世界で初めて導入する。

東京駅に隣接する大丸東京店。一日に10万人以上もの人が行き交う一方、一人当たりの店舗での滞在時間が15分前後と、スピード感が求められる百貨店だ。

そこで、大丸東京店では顧客のニーズに応えるサービスを多数実施。例えば、事前にWEBで決済を済ませ受け取るだけの「お弁当WEB予約サービス」や、スマホや店頭で各階喫茶の空席やトイレの空き状況がわかるサービスなど。時間のない客にも素早く対応しながら、心のこもった「スマートな百貨店」でありたいと日々変革を続けている。

そんな大丸東京店の地階ほっぺタウンに、この度「ブルーボトルコーヒー 大丸東京カフェスタンド」がオープンする。

ターミナル立地のニーズに合わせて、おいしいコーヒーをクイックに飲むことができる「クイックカップ」を世界で始めて導入したカフェスタンド。なんとこの店舗、10時開店の大丸東京店では異例の朝8時から営業するというから驚きだ。近隣のオフィスワーカーの出勤前のニーズに応えたいという、店の本気度がうかがえる。

世界初のクイックカップを導入

世界での展開に先駆けて導入される「クイックカップ」では、抽出方法に初めてドリップマシンを採用。ハンドドリップよりもスピーディーに抽出することができる。

専用のコーヒー豆のブレンド「Moment’s Notice(モーメンツ・ノーティス)」はチョコレートを思わせるベースノートにバタースコッチの甘さが加わったバランスの良い味わい。ドリップマシンによる抽出で味が引き立つよう焙煎方法や抽出のレシピ開発に試行錯誤を重ねたという。最後まで美味しさを保てるよう、通常のハンドドリップコーヒーより小さい240ml(8oz)で提供する。価格は340円。

忙しい毎日を送るビジネスマンや限られた時間の中で過ごす旅行者にも「おいしいコーヒーを届けたい」という、ブルーボトルコーヒーと大丸東京店の思いが詰まった新店舗。時間がない時こそ、こだわりのコーヒーを手にしよう。

 

MORE INFO:

【閉店】ブルーボトルコーヒー 大丸東京カフェスタンド

エリア: 東京 / 東京・丸の内
住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9 東京駅
電話番号:
営業時間: 月曜日 8:00〜21:00
火曜日 8:00〜21:00
水曜日 8:00〜21:00
木曜日 8:00〜21:00
金曜日 8:00〜21:00
土曜日 8:00〜20:00
日曜日 8:00〜20:00
祝日 8:00〜20:00
公式WEB: https://bluebottlecoffee.jp