logo
2019.5.13

コラボ商品は即完売。世界的人気アーティスト トム・サックスの個展が開催

トム・サックス ティーセレモニー

世界各地で数多くの展覧会に出展し、ファッション業界にも大きな影響力を持つ現代アーティスト、トム・サックス。待望の日本初個展が開催中だ。

唯一無二の世界観でユーモアを表現するトム・サックス

Tom Sachs
photo: Mario Sorrenti

ニューヨーク在住のアーティスト、トム・サックス。NIKEやBEAMSとのコラボ商品は即完売するという人気ぶり。その作風は「手作り(ハンドメイド)の既製品(レディメイド)」と評される。プラダのロゴが描かれた便器、エルメスの包装紙を模したマクドナルドのバリューセットなど誰もが知るものを大胆に自作する。

待望の日本初個展「トム・サックス ティーセレモニー」

今回のテーマは”ティーセレモニー“。サックス自身、ずっと興味があり、学び続けてきた”茶の湯”空間。日本の伝統であるその空間を独自の視点で捉え、誰も見たことのない世界を作り上げた。

2016年からアメリカ国内を巡回してきた本展。実は、制作段階から日本での開催を想定していたそうで、アーティスト本人にとっても念願が叶った形だ。

《Chasen》 2015
©Tom Sachs
Image Credit Genevieve Hanson
《Tea House》 2011
©Tom Sachs
Courtesy of Tomio Koyama Gallery

本展では、茶碗や釜、柄杓、掛軸、花入れをはじめ、一つ一つの茶道具を自作。その部品はどれも見たことのあるものばかり!工業用品から、段ボールや紙などの日用品といった身近な素材を使っている。手作り感満載の作品たちに思わず驚いたり、クスッと笑ってしまったりすること間違いなしだ。

日常では馴染みの薄い”茶道”の世界。本展に行くと、「なんだかそんなに構えなくても良いのかも」、むしろ「もっと気軽に楽しむものかも」と感じるだろう。ユーモアたっぷりのサックス流”茶の湯”の世界を楽しんでみては?