HOME NEW TRENDS 東京 その他 その他東京都内の駅 摘み取ったハーブをそのままドリンクに。日本茶専門店で「飲む植物園」開催
摘み取ったハーブをそのままドリンクに。日本茶専門店で「飲む植物園」開催

摘み取ったハーブをそのままドリンクに。日本茶専門店で「飲む植物園」開催

三軒茶屋の日本茶専門店「東京茶寮」にて体験型アートイベント「飲む植物園@東京茶寮」が開催される。期間は、8月1日(木)から4日(日)。目にも心にも美味しいオリジナルドリンクでリフレッシュしよう。

ボタニカル空間で楽しむ本格日本茶

日本茶ブームと言われて久しい昨今。海外での“MATCHAブーム”と相まって、健康を気遣う人々に愛飲されている。都内でも、専門店が続々オープン。中でも、三軒茶屋にある「東京茶寮」は世界初のハンドドリップで淹れる日本茶専門店として注目を集めている。

「日本茶という素晴らしいプロダクトを世界に広めたい」との思いで、全国から農園・品種指定”シングルオリジン”の茶葉をセレクト。コーヒーを思わせるオリジナル日本茶ドリッパーで、一杯一杯、丁寧に淹れてくれる。

今回、その東京茶寮で開催される「飲む植物園」は、フラワーアーティストedalab.と、ドリンクディレクター・セキネトモイキによる体験型ドリンクケータリングイベント。昨年に続き第二回目の開催となる。

期間中は「茶室を現代に再解釈・再構築した」という店内が、さながら植物園のような様相になる。展示の植物を摘み取ってオリジナルのノンアルコールドリンク(煎茶モクテル)を作れるだけでなく、参加者が植物を摘み取ることで展示自体の変化も楽しむユニークな企画だ。

味も見映えも。自分好みの一杯を作れる

参加者は入場料1.000円で、オリジナルの煎茶モクテル一杯を楽しめる。

ベースとして選べる冷茶は3種類。そこに、店内で摘み取ったハーブやエディブルフラワー(食用花)とハーブシロップを合わせ、自分だけのオリジナルの煎茶モクテルを作り上げていく。

さらにイベント開催中は、特別に夜中の24:00まで営業を延長。照明を落とし、昼間とは異なる幻想的なムードの「植物園」で作り上げるモクテルは、またひと味違った味わいになるだろう。

通常営業時でも、週末はかなり混み合うことが多い同店。イベント期間中、時間が許せば、夜中の時間帯に訪れたい。いつもとは違う店内、植物の表情を眺めながら味わう一杯は、植物や日本茶の新たな魅力を伝えてくれるだろう。

MORE INFO:

東京茶寮

エリア: 東京 / その他
住所: 〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目34−34番15号
営業時間: 金曜日 11:00〜20:00
土曜日 11:00〜20:00
日曜日 11:00〜20:00
祝日 11:00〜20:00
定休日: 月曜〜木曜(祝日は営業)
公式WEB: https://www.tokyosaryo.jp