logo
2019.9.8

コンサートあり、舞台あり。大人のための「Bunka祭」で実りある秋に

Bunka祭(ぶんかさい)

9月21日(土)~10月14日(月・祝)の間、Bunkamuraで大人が楽しめる「Bunka祭」が開催される。公演、展覧会のほか、ワークショップやトークイベントなど盛りだくさんな内容だ。

ちょっと大人な「芸術の秋」を堪能しよう

学生にとって、秋といえば文化祭のシーズン。でも大人になって、もうそんなキラキラとしたイベントがやってこないことを寂しく思ったことはないだろうか。そんな人に朗報。渋谷で文化を発信して30周年を迎えるBunkamuraが、大人の楽しめる「Bunka祭」を開催する。芸術の秋を堪能したい人必見の豪華な内容だ。

目で、耳で、舌で楽しめる24日間

まずオープニングとして9月21日(土)の初日を飾るのは、Bunkamuraのフランチャイズオーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団メンバーによるミニコンサート。各回約20分の演奏で、フルートアンサンブルなどが楽しめる。

さらにシアターコクーンでは、英国演劇界の実力派マシュー・ダンスター演出による『オイディプス』の公演も。市川海老蔵、黒木瞳、森山未來など、豪華俳優陣によるギリシャ悲劇、歌舞伎、ダンスというジャンルを超えたコラボレーションは必見だ。

そのほか、ザ・ミュージアムでは「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」の開催が、ル・シネマでは映画「レディ・マエストロ」のロードショーが行われる。

またワークショップも充実。ギャラリーで公開される「万華鏡展2019」では、いくつかの日時でオリジナル万華鏡制作を楽しめたり、ハーブティーを楽しく学びながらオリジナルブレンドに挑戦できたりとバラエティも豊かだ。イベントの中には、島田雅彦氏と金原ひとみ氏による秋の夜長の特別対談という貴重なものも。ファンはこの機会を逃す手はない。

またこの会期中はB1Fと1Fに店を構える「ドゥ マゴ パリ」に秋の味覚を満喫できる特別メニューが登場。秋を感じる2種のクリームを詰め込んだサクサクのパイコルネや、ふんだんに使用した3 種のキノコ、旬のクルミの食感、そば粉の風味を堪能できるガレットは必食だ。

大人だからこそ楽しめる、カルチャーやイベントが詰め込まれた「Bunka祭」。舞台、音楽、アート、食という盛りだくさんな内容で、感性を磨き、自分にとっての実りある秋にしてみては?