毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME TOPICS CULTURE 東京 その他 その他東京都内の駅 世界最大の屋内型ミニチュアテーマパークで現在「住民権」を先行販売中
世界最大の屋内型ミニチュアテーマパークで現在「住民権」を先行販売中

世界最大の屋内型ミニチュアテーマパークで現在「住民権」を先行販売中

コンセプトは“もうひとつの世界に行こう”。世界最大の屋内型ミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」のグランドオープンが、2020年4月25日(土)に決定した。

総面積8,000平米!動くミニチュアが作り出す圧倒的な没入感

「スモールワールズTOKYO」は「ディパーチャー・フロア」、「ディパーチャー・ラウンジ」、そしてメインフロアである「スモールワールズ」、「クリエイターズ・フロア」の4つのフロアで構成される。総面積8,000平米を誇る施設内のそれぞれのフロアで、多彩な体験をすることが可能だ。入場は、出国審査場から始まる。まるで自分が巨人になったかのような感覚になる「ガリバー化」トンネルをくぐることで、現実世界からミニチュアの世界へ移動することができるのだ。

メインフロアの「スモールワールズ」は、「関西国際空港エリア」「スペースセンターエリア」「世界の街エリア」「美少女戦士セーラームーンエリア」「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」「エヴァンゲリオン 格納庫エリア」「東京エリア(仮 詳細未定)」という合計7つのエリアで構成される。

この「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」では、ハリウッドの第一線で活躍するJae Cheol Hong監督とともに、AR/VRを活用した映像アトラクションを開発することが決定。さらに、沖縄の文化保全・再興の取り組みとして、「首里城」を「特別エリア」としてミニチュアで復元することも決定している。

自分自身を3Dスキャン!各エリアに住むことができる「住民権」販売中

テーマパークとして全く新しいエンターテインメントの提供を目指す「スモールワールズTOKY」での体験は、動くミニチュア世界を楽しむことだけにとどまらない。自分自身を3Dスキャンし、自身がフィギュアとなり各エリアに住むことができるのだ。

この「住民権付きフィギュア・プログラム」は、8月に販売を開始したエヴァンゲリオンエリア「第3新東京市に、住む」の好評を受けて、2019年11月29日(金)より第2弾を発売。第2弾では「関西国際空港エリア」「スペースセンターエリア」「世界の街エリア」の住人を募集している。

日常に疲れたら、精巧な技術と先端テクノロジーが融合した“もうひとつの世界”へ

近年における高度情報化社会の進展は、社会・生活の利便性を飛躍的に高める一方、「繋がり疲れ」等の社会現象に見られるように、現代社会を生きる人々には忙殺感や心の疲労感が広がっている。「スモールワールズTOKYO」は、そんな忙しい日々を送る人々に対して、動くミニチュアが生み出す”もうひとつの世界”への没入体験によって、日常の慌ただしさを忘れ、少しでも”心をリセット”出来るような時間を提供したい、という想いで作られているという。

精巧な技術と先端テクノロジーが融合した”動くミニチュア世界”で、忙しい日常から解き放たれた、充実した時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

MORE INFO:

SMALL WORLDS TOKYO

エリア: 東京 / その他
住所: 〒135-0063 東京都江東区有明1丁目3−33
営業時間: 月曜日 9:00〜21:30
火曜日 9:00〜21:30
水曜日 9:00〜21:30
木曜日 9:00〜21:30
金曜日 9:00〜21:30
土曜日 9:00〜21:30
日曜日 9:00〜21:30
祝日 9:00〜21:30
公式WEB: https://www.smallworlds.jp/