logo
2019.1.2

外国人観光客に是非とも案内してあげたい「TOKYO」を代表するカフェ5選

CAFÉ KITSUNÉ(カフェ キツネ)PATH(パス)幻幻庵スラッシュカフェKOFFEE MAMEYA(コーヒー マメヤ)

1年で約3000万人もの外国人観光客が訪れる日本。とりわけ、東京には、外国人観光客を目にする。そんな方々に道を聞かれるだけじゃなく、「おすすめのカフェは?」と聞かれたら即座に答える東京人でありたい。というわけで編集部が選んだ外国人に勧めたいカフェ5選。

CAFÉ KITSUNE

フランス・パリ生まれのファッションブランド「KITSUNE」のコンセプトカフェ。日本の茶室にインスパイアされながらも「和」が過剰すぎないストアデザインは秀逸だ。竹の垣根や寄木細工など日本の伝統技術がファッショナブルに表現されている同店はファッション好きの友人をぜひ連れて行きたい場所。ショッピングエリア・南青山という都会の真ん中にあって寛ぎの空間。ショッピングや観光の合間に立ち寄れる気軽さが魅力である。ヨーロッパのセンスと和の静寂がうまくマッチした休憩処で、一息つきたい。

 

PATH(パス)

東京のオアシス・代々木公園で憩いの時間を過ごす予定があるのなら外せないのはPATHだ。モーニングから夜カフェまで、どんなニーズでも対応できる便利なカフェでありながら、ニューヨークにもロンドンにも北欧にもありそうなかっこいい店の佇まい。多国籍の文化をうまく編集した空気感はまさにミックスカルチャーの街・東京を象徴するカフェと言っていいだろう。テラス席やカウンターなどの気軽に使える席で、まるで東京ローカルのような気分を味あわせてあげたい。メニューも外国人に馴染みのあるものも多く、海外の料理人からの支持も高いこちらで過ごすリラックスタイムは、ついつい詰めてしまいがちな旅程の息抜きにマスト。

 

幻幻庵

日本ならではのブレイクタイムに必須なのは「お茶」。

今や日本のお茶は世界的なブームとなっているので、「美味しいお茶が飲みたい」という友人は多いだろう。

老舗のお茶屋も悪くはないが、いかにも東京らしい「新しい」お茶屋さんを紹介してあげたい。東京のストリートカルチャーが色濃く根付く渋谷・宇田川町にある幻幻庵は気軽にお茶を楽しめるティースタンド。音楽やアートに興味のある友人や「GREEN TEA・MATCHA」を愛する友人と、スタンディング席でお茶を片手にカジュアルに語り合おう。店のかっこよさや滲み出るカルチャー感に魅了されること間違いなし。

 

スラッシュカフェ

美術に興味のある友人なら迷わずここへ。スラッシュカフェは八芳園の中にあり、日本庭園を眺めながらお茶も食事も楽しめる。おすすめは午前中からお昼にかけて。池に泳ぐ鯉を見ながらテラス席でリッチにアルコールを楽しみたい。天気が良ければ最高のロケーションだ。桜や紅葉の季節はさらに絶景となるので足を運びたい。品川駅からシャトルバスが出ているので新幹線利用のスケジュールに組み込むのがベスト。

 

 

KOFFEE MAMEYA

今や世界中で愛される「コーヒー」。ひとりひとりと向き合って対話しながら好みの豆を選んでくれるMAMEYAは、まさにジャパニーズスタンダードの真骨頂だ。日本のおもてなしの心・高品質・優れたデザイン。すべての要素で存分に東京を感じて欲しい。庭のベンチでコーヒーも飲めるが、もし気に入ったらぜひ豆を購入しよう。ハイセンスなパッケージなども東京土産にベストチョイスなのでおすすめしたい。世界中のロースターから豆を厳選して選んでいるので、話を聞いているだけでも楽しく、旅人の心を掴むことは間違いない。