HOME SPECIAL ISSUE 行きつけにしたい映画館

SPECIAL ISSUE

行きつけにしたい映画館

OUTLINE:

行きつけのカフェやバーがあるように、行きつけの映画館があるって素敵だと思いませんか。ひとりで過ごしやすい、思わぬ名作に出会えるなど、映画館の選び方は人それぞれ。〈自分だけの特別な時間〉を過ごせる、あなたにぴったりな映画館を探しに行こう。

ARTICLE:

VOL.9

アップリンク・浅井隆さんが語る、映画館へ行くとセンチメンタルになる理由

映画館で映画を観ることができないなか、映画についていろいろと考える日々が続いています。ミニシアターを応援する連載企画として、前々回は濱口竜介監督に、前回は深田晃司監督に、映画と映画館の想い出についてお話をうかがって... 続きを読む

VOL.8

自分の世界観をもっと広げよう。深田晃司監督が薦めるGWに観るべき古典映画

思いがけない時間ができたときに、その時間をどう使うのか、どう過ごすのか──。新型コロナウイルスの流行によって、私たちは今、ある意味思いがけない時間を生きています。映画を観たくても映画館には行けない、でも映画は家でも... 続きを読む

VOL.7

今、“映画館のエモさ”が恋しい。濱口竜介監督が語る映画の原体験

人は、当たり前だと思っていたモノやコトが当たり前ではなくなったときに、それが自分にとっていかに大切なものか気づかされる──。新型コロナウイルスの流行によって、さまざまな大切なものが見えてきました。映画を上映する場所... 続きを読む

VOL.6

見逃した良作はギンレイホールでイッキ観。3月は「勇気と愛情の物語」2作品

「あの映画観たかったのに、もうロードショー終わっちゃった……」ということってありませんか。DVDやネット配信を待つという手もありますが、映画館で観るチャンスが絶妙なタイミングで残っているのであれば、映画館の大きなス... 続きを読む

VOL.5

今日はここで“映画漬け”。行きつけにしたいレトロ名画座「飯田橋ギンレイホール」

行きつけのカフェやバーがあるように、行きつけの映画館があるって素敵だと思いませんか。今回は〈私の映画館〉にしたくなるような名画座・飯田橋ギンレイホールをご紹介します。名画座とは、一般的に旧作を上映する映画館のことを... 続きを読む

VOL.4

グサヴィエ・ドランって知ってる? 美しい俳優にして才能ある監督の魅力を知る

グザヴィエ・ドランという映画人を知っていますか? 彼の映画、観たことありますか? 11年前に19歳の若さで監督デビューを飾り、作品を発表するたびに「(今回も)ドランの最高傑作だ!」と高い評価を得ている映画監督... 続きを読む

VOL.3

恵比寿という街と一緒に映画を楽しむ。「YEBISU GARDEN CINEMA」のある1日

映画を観に行くときは、その前後の時間も大切にしたい。待ちに待った映画を観に行くときもあれば、ふらりと立ち寄って思わぬ名作に出会うこともある。映画館に行く、その1日は新しい感動に出会う特別な体験なのだ。渋谷のミニシア... 続きを読む

VOL.2

新しい“好き”を探しに。渋谷パルコに誕生した映画館で過ごすひとり時間

新しくオープンした渋谷パルコにミニシアターが誕生した。シネコンとミニシアターの違いは、単純にスクリーン数の違いもあるけれど、家族や友人、恋人と“一緒”に映画を“共有”するイメージのシネコンに対して、ミニシアターは自... 続きを読む

VOL.1

「草間彌生」という宇宙の奥深さに圧倒される77分間。-『草間彌生∞INFINITY』

渋谷PARCOの8階に新しくオープンしたミニシアター「WHITE CINE QUINTO」。こけら落としの作品として選ばれたのは、世界的天才芸術家・草間彌生のドキュメンタリー『草間彌生∞INFINITY』だ。彼女の... 続きを読む