logo
2019.4.27

東京タワーの麓で過ごす‘圧倒的’テラス体験

Terrace Dining TANGO(テラスダイニングタンゴ)

フリーペーパー創刊号にてヨシダナギさんのインタビュー撮影で使用させていただいたのは、東京タワーの麓にあるダイニングレストラン「Terrace Dining TANGO」。暖かくなった今こそ楽しみたい極上のテラス空間なのだ。

みんな大好き東京タワー。いつの季節も東京の夜景の主人公といえばこのタワーだけれど、遠目で見るタワーよりも通の楽しみは断然、‘麓’なのだ。

東京タワーに初めて訪れたときに気付くのは、実はタワーが小高い丘の上にあるということ。日比谷線神谷町駅からてくてく歩いて飯倉の交差点まで辿り着くと左手に結構急な坂があり、そこを登った先に東京タワーは立っている。

ハイキングを楽しむように一歩一歩その坂を登っていくと、目線に巨大な鉄柱が見え隠れしてくる。そしてさらに顔を上げれば、とてつもなく大きくて美しいタワーが視界に入りきらないくらいのスケールで輝いている。

「Terrace Dining TANGO」はその坂を登り切り、いよいよ東京タワーのエントランスへ入るというポイントにある。富士山の五合目じゃないけれど、山の頂上を見上げながら一休みできる贅沢なラウンジのような存在なのだ。

東京タワーの凜とした美しさを象徴するような品のある店内。異国に足を踏み入れたような雰囲気と個性的なダイニング。世界の様々な食材や日本の四季を取り入れた「World Seasonally Cuisine」。併設する「The Place of TOKYO」とともにデートや特別なパーティシーンにふさわしい空間なのだ。

そしてこのTANGOを120%楽しむにはテラス席を押さえておきたい。エキゾチックな雰囲気のあるガーデンに置かれたソファ。美味しい食事やお酒を堪能して、至福のため息をしながら見上げれば、テラスの照明が、燦然と輝くタワーの光だったことに気づくだろう。こんな圧倒的テラス、ここにしかない。

屋内のダイニングも、もちろん最高の居心地だ。モダンかつ和の雰囲気も併せ持つ空間からはオープンキッチンで料理をさばくシェフたちの熱気が伝わってくる。まさに大人の時間にふさわしい演出。料理は1皿1000円〜2000円台が中心でコスパも良い。6500円のシーズナリーコースもこの店の特徴を存分に味わえるラインナップでおすすめ。

こんな極上テラスのあるレストランで過ごす時間。デートにはベタすぎると思うかもしれないけど、敢えて王道の選択肢を一度は体験してみて欲しい。東京タワーの光に包まれた空間は、せわしない日常を一瞬で吹き飛ばしてくれる。リラックスした心持ちで、いつもと違う二人の会話が始まり、いつもと違う相手の魅力を発見できるかもしれない。