logo
2019.5.14

銀座にロフト初のカフェ「ロフトフードラボ」が登場。アイスやサワーなどの夏メニューが充実

銀座ロフト

4月26日(金)の新生・銀座ロフトのグランドオープンに伴い、ロフト初のカフェ 「ロフトフードラボ」がオープンした。

以前は「無印良品 有楽町」とともに有楽町インフォス内で「有楽町ロフト」として営業していた銀座ロフト。2017年6月に現在店舗を構える、並木通り沿いの銀座ベルビア館に移転し、近隣のオフィスワーカーや旅行客など多くの人々のニーズに応えるショッピングスポットとして人気を誇っている。

今回は移転後初の大幅リニューアルを敢行。フロアも増床し、銀座ベルビア館1階から6階までの大型店舗となる。「自然」「ビューティー」「日本」「食」「ストーリー性」の5つのキーワードを軸に売り場を編成。もちろん、リニューアル前に引き続き、商品の見やすさと手に取りやすさを重視した空間は健在だ。

リニューアルの目玉は、ロフト初の「カフェ」の登場。ブランチにカフェタイムに、時にバーとして、素材にこだわった限定スイーツやフルーツドリンク、ペストリーなどを味わうことができる。

注目店が多数出店

ロフト初のカフェ「ロフトフードラボ」は1階に登場。これからの時期にぴったりのアイスショップやドリンク店が多く出店している。

注目は、米ミルクやココナッツミルク、アーモンドミルク、厳選されたフルーツを使って、最先端テクノロジーで作ったナチュラルなアイスやシェイクを提供する「Super ice Creamery (スーパーアイスクレマリー)」。

シトラスキウイ(写真左)、チャコールドラゴン(写真右)他950円

アイスやシェイクに使用する素材は、ココナッツミルク、アーモンドミルク、季節のフルーツなど、すべてナチュラルな食材。そして、特殊技術でマイクロ粒子化した独自のナノ有機玄米粉と、日本伝統の本葛粉をつなぎに使用することで、クリーミーでなめらかな食感、溶けにくさを実現している逸品だ。

また、東京初出店となるフルーツを使った京都発サワー専門店「サワー」のドリンクも要チェック。

アップルローズマリービネガー800円(税込)

京都で人気のフルーツとハーブをブレンドしたビネガーベースのドリンクは、お好みでアルコールかノンアルコールかを選べる。サワーの代表格とも言える発酵レモンサワー(アルコール)も登場するというから、暑くなる季節はこのさっぱりすっきりとしたドリンクを楽しもう。

他にも、代官山のGARDEN HOUSE CRAFTS(ガーデンハウスクラフツ)など人気店が軒を連ねる同店。

バブロフ(銀座ロフト限定焼き菓子)770円(税込)
全粒まるぱん(十勝あんバター)300円(税込)

これまで通り雑貨を購入することはもちろん、銀座の買い物の休憩やちょっとした食の手土産探しにも活用できそうだ。