logo
2019.6.27

まさに次世代レストラン。シェア型のクラウドキッチンが中目黒にオープン

kitchen base 中目黒店(キッチンベース)

新しいランチの形、シェア型のクラウドキッチン「Kitchen BASE(キッチンベース)」が中目黒にオープン。選び抜かれた珠玉の味をデリバリーで楽しめる。

Uber Eatsや出前館といったデリバリーサービスのおかげで、消費者の時間や労力は減ったのに食べるもののバリエーションはぐっと広がった。平日の短いランチタイムでも会社から離れた場所にあるレストランの味を楽しめるし、家でゴロゴロしたい休日に1歩も出ることなく自分のお気にいりの店の料理を運んできてもらえる。ひと昔前では考えられなかったような便利な時代になったわけだが、そんな飲食業界にさらなる次世代の店舗が誕生した。それがシェア型のクラウドキッチン「Kitchen BASE(キッチンベース)」だ。

クラウドキッチンとは、ネット注文に特化した客席がないキッチンだけの店舗のこと。実店舗持っていないゴーストレストランのプラットフォームになる存在だ。低コストで開業できることもあり、今後ますますの発展が予想される注目のサービスとなっている。

バリエーション豊かなレストランが集結

Uber Eatsや出前館といったデリバリーサービスでオーダーできる「Kitchen BASE(キッチンベース)」には、注目のお店が続々入店。たとえば、本格タイカレー専門店「タワンドンデリ&カレー」では、タイサインのハーブとスパイスを巧みに駆使した革新と伝統が織り交ぜられたタイ料理を提供してもらえる。

もちろん、女性に嬉しいヘルシーな料理の店も。「SEA WEED NOODLE」では、海藻(わかめ)を練りこんだ「わかめ麺」を考案。お腹にしっかりたまるのに、健康や美容への効果を期待できるありがたい一皿となっている。

ここにはフード以外に、ドリンクの専門店「MURB SMOOTHIE」も入居。フレッシュな野菜やフルーツ、ナッツなどを用いた見た目も美しいスムージーを飲むことができる。それも、こだわりの製法で素材の繊維や細胞壁が破壊し吸収率を向上させ、栄養素を余すことなく摂ることができるのだ。

そのほかにも、多数の魅力的な店舗が集結している「Kitchen BASE(キッチンベース)」。どんどん進化する飲食業界のおかげで私たちの食のバリエーションはますますの広がりを見せている。家にいながらにして、本格的な各国の料理を堪能し気分は世界一周!なんてことも可能になるのだ。今週末は、これらのサービスを最大限利用して、いつもと違った食卓を楽しんでみてはいかがだろうか。