logo

アガる 外カフェ

テラス・屋上・芝生。東京のど真ん中なのに、ちょっとだけ”アガる”カフェ。オープンエアーな気持ちいい場所、あつめました。

4

360°自然に包まれる浮遊感。設計とデザインの妙が生んだ「中なのに外」なカフェ

connel coffee(コーネル コーヒー)

完全に室内なのに、全身が緑で包まれているかのような感覚。日本を代表する設計・デザインの天才が産み落とした隠れ家カフェは、梅雨時でも常に「外」を感じる世界なのだ。

丹下健三、イサム・ノグチ。日本が誇る建築「草月会館」

赤坂と青山一丁目のちょうど真ん中。
いけばな草月流の本拠地「草月会館」に、その隠れ家はある。
1977年竣工のその建物は丹下健三によって手がけられ、エントランスロビーにはイサム・ノグチによる石庭が広がっている。
日本が誇る芸術家たちが手がけた空間の2階に浮かぶように「Connel coffee」がある。

草月会館内にオフィスを構えるnendoが運営するこちらのカフェ。佐藤オオキ氏率いるnendoのプロダクトも並ぶ。
だがなんと言っても、店内に足を一歩踏み入れた瞬間、その美しさにハッと息を飲むことだろう。

美しいリフレクションで出来上がった、緑を浴びる空間

隣接する高橋是清翁記念公園の緑が、目一杯広がる。
丹下健三が仕掛けた「外壁のミラーガラス」に反射する緑。
少しも取りこぼさないよう、カフェ内の大テーブルは黒の人造大理石で出来ており、美しいリフレクションをさらに増幅させる。

無駄を最大限無くし、この場所のポテンシャルを十分に引き出している。だからこそ、緑を全身で浴び、気持ち良い空間なのだ。
計算され尽くした設計とデザインが、美しいリフレクションを生み、
まるで緑に包まれているかのような感覚を呼び起こす。

あったら嬉しい、ビュッフェスタイルでお腹を満たす

そんな美しいカフェだが、日常的に使えるよう、「あったら嬉しい」メニューが揃う。bondolfi boncaffēの美味しいコーヒーだけでなく、料理はビュッフェスタイルで用意。
近所の腹ペコオフィスワーカーには嬉しいラインナップだ。
上階に入居するnendoのメンバーが「あったら嬉しい」カフェを作っただけある。

ランチビュッフェ¥1,000(税込)

日本が誇る建築ビルには、朝からしっかり脳を動かすクリエイターの出入りも多い。
そんなお客さんたちに朝からしっかりお腹を満たしてもらうために、ランチだけでなく、モーニングもビュッフェで用意している。充実した1日は、充実した朝ごはんから始まるのだ。

モーニングビュッフェ¥800(税込)

朝から緑に抱かれて、お腹を満たす。この幸福感は行ってみないとわからない。
完全室内なので、晴天が恋しい梅雨時期のいまでも嬉しい。
ハッピーな「外」を感じられる外カフェで1日を始めよう。

 

撮影:濱田晋