logo
2018.10.25

渋谷で見つけた5つの公共ベンチと、いつもと違う5つの過ごし方

文化総合センター大和田のベンチ北谷公園のベンチ東急渋谷本店の向かいの歩道のベンチ渋谷区立桜ヶ丘公園のベンチ

正直、渋谷は歩くだけでしんどい。人やモノにぶつかったりして余計に疲れてしまう。だから、待ち合わせに早く来てしまったり、街歩きで疲れたりした時に、駅近くの公共ベンチを覚えておくとなにかと役に立つもの。

北谷公園

周辺環境:★★☆
混雑度 :★★☆
座り心地:★☆☆
デザイン:★☆☆

バイク用の駐輪場もある神南地区の北谷公園の中には、しっかりとした造りの木製のベンチがある。表通りから一歩奥に入った場所にあるので、落ち着いて過ごせる。比較的人気のベンチなので空いていないことも多いけど、座れるときはなおさらラッキー。近隣に自動販売機やテイクアウトできる飲食店も多いので、「昼ご飯食べる暇がない!」なんて時には、このベンチに行こう。

 

東急渋谷本店向かいの歩道

周辺環境:★☆☆
混雑度 :★★★
座り心地:★☆☆
デザイン:★☆☆

正直、居心地がいい…とは言えないけれど、信号待ちのときなどにも瞬間、休めるスペース。かつてのドン・キホーテの前にある木の周りは、ひっきりなしに人が座っては立ち…を繰り返す人気の休憩スポットなのだ。ここでお買い物の荷物整理などをする人もチラホラ。行き交う人に目をやりながら、街歩きの小休止にでも使ってみよう。

 

渋谷区立桜ヶ丘公園

周辺環境:★★☆
混雑度 :★★★
座り心地:★★☆
デザイン:★☆☆

セルリアンタワー裏の桜ヶ丘公園は、周りのオフィスワーカーに人気の休憩スポット。お昼時になると、多くの人が集う。ここのベンチは比較的きれいな状態のものが多く、近隣オフィスのオアシスのようなベンチだ。昼時は混雑するものの、都会の喧騒から逃れるには座ってみるのも手だ。いつもはスマホを眺めているけど、このときばかりは木々を揺らすそよ風と木漏れ日に包まれて、しばし時を忘れたい。

 

文化総合センター大和田

周辺環境:★★★
混雑度 :★☆☆
座り心地:★★☆
デザイン:★★★

図書館や伝承ホール、こども科学センターなど様々な施設を持つ文化総合センター大和田は、渋谷インフォスタワーの裏手にある。中に入らなくても、建物の外には様々なデザインのベンチが設置されていて、それだけでもちょっと見もの。屋根の下にもあるので、雨の日はうれしい。カルチャーが集積するゾーンでは、読書をたのしみたい。お気に入りの一冊に、好きなドリンクをあわせて。

 

繁華街がギュッと詰まった印象のある渋谷だけれども、実は坂が多く、思いのほか歩き疲れやすいエリアでもある。長時間の散策やショッピングでは、これら休憩スポットを上手に活用したい。もちろん、思い思いの過ごし方を踏まえれば、休憩が豊かな時間になりそうだ。