HOME NEW TRENDS 東京 【11/1〜11/4】今週末どこへ行く? 東京のおすすめおでかけ5選
【11/1〜11/4】今週末どこへ行く? 東京のおすすめおでかけ5選

【11/1〜11/4】今週末どこへ行く? 東京のおすすめおでかけ5選

今週末は3連休。ようやく秋晴れが続くようになって、お出かけ日和になる予報となっている。今から準備を立てて11月最初の週末を充実させよう。島で行われるアートイベントや東京の絶景を見渡せる施設のオープンなど、アクティブなイベントが目白押しだ。

目次

    秋の魅力を一気に満喫「OUR PARKS TORANOMON BOOK PARADISE 2019」(虎ノ門)

    虎ノ門ヒルズにて読書の秋にぴったりのブックイベント「OUR PARKS TORANOMON BOOK PARADISE 2019」が開催。全国各地より新書や古書の人気店、出版社、読書グッズを販売する店など約40店舗が集結する。

    他にも、本屋「移動書店車」や本好きが段ボール一箱分の古本を持ち寄る全国的に人気のマーケット「一箱古本市」といったユニークな企画も登場。普段なかなか出会うことができない、運命の書籍が見つかるかも。

    OUR PARKS TORANOMON BOOK PARADISE 2019
    会期: 11月1日(金)、2日(土)
    時間: 金曜日12:00〜20:00、土曜日11:00〜18:00
    会場: 虎ノ門ヒルズ森タワー 2F オフィスエントランス、オーバル広場ほか
    住所:東京都港区虎ノ門1-23−1
    入場料:無料
    URL:https://toranomonhills.com/events/2019/11/003838.html

    芸術と自然の融合「Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島」(猿島)

    猿島
    三差路(猿島内)

    三笠桟橋からフェリーに乗り約15分、東京湾最大の自然島として知られる無人島・猿島で、夜の総合アートイベント「Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島」が開催される。

    今回が初の試みとなるこの夜のアートイベントは、ワイルドドッグス、佐野文彦、後藤映則、鈴木康広、齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー)といった国内外のアーティストたちと共に展開。旧陸軍時代の史跡と豊かな自然の融合で知られる猿島。ここで繰り広げられるアートナイトを体感しに、週末はショートトリップしてみよう。

    Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島(センスアイランド)
    会期:11月3日(日)〜12月1日(日)
    時間: 予定※日没以降
    会場: 猿島公園
    住所: 神奈川県横須賀市猿島1 猿島公園
    入場料:3500円前後を予定 (往復乗船料、夜間乗船料、入園料、観覧料含む)
    ※Peatixにてチケット販売
    URL:https://senseisland.com

    秋の風物詩「目黒の秋刀魚」も楽しめる「第14回 和酒フェス in 中目黒」(中目黒)

    全国から厳選された約200種類の和酒の利き酒や和食とのペアリング、落語でおなじみの“目黒の秋刀魚”も楽しめる「第14回 和酒フェス in 中目黒」が中目黒GTタワー前広場で開催。

    “燗酒”、日本酒の各賞を受賞した“プレミアム酒”などを味わうことができるほか、青森県から19蔵の日本酒が集結する青森県酒造組合ブースにも注目だ。フードブースでは、数量限定で秋の風物詩「目黒の秋刀魚」を提供。和酒と食事といった日本の伝統文化の魅力を体感しに行こう。

    第14回 和酒フェス in 中目黒
    会期: 10月11日(金)~27日(日)
    時間:
    土曜日12:00〜14:15、15:00〜17:15
    日曜日12:00〜14:15、15:00〜17:15
    ※各部入替え制
    会場: 中目黒GTタワー前広場
    住所:東京都目黒区上目黒2丁目1−1
    入場料:3000円+税(前売り制)/当日券は未定
    URL:https://sakefes.com/

    東京を立体的に認識できる絶景「SHIBUYA SKY」オープン(渋谷)

    SHIBUYA SKY 俯瞰イメージ

    「渋谷スクランブルスクエア 第1期(東棟)」がいよいよグランドオープン。中でも注目なのが14階、45階、46階、屋上に位置する「SHIBUYA SKY」。地上230mから東京を360度眺めることができる、渋谷の新名所が誕生する。

    「CROSSING LIGHT」イメージ

    芝生エリアやハンモックがある屋上展望空間に加え、14階、45階、46階の屋内展望施設では雨や強風などの天候に左右されない環境で渋谷の街の眺望を堪能することも。日没後には18台のサーチライトが渋谷の空を彩る。今週末は大混雑が予想されるが、並んででもこの新しい東京の眺めを堪能してみたい。

    SHIBUYA SKY
    時間: 9:00〜23:00
    会場: 14階(チケットカウンター) 45階・46階(屋内展望施設)、屋上(屋上展望空間)
    住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12
    入場料:webチケット1800円、当日2000円
    URL:https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/

    リヒター日本初公開作品も展示「イメージの洞窟 意識の源を探る」(恵比寿)

    オサム・ジェームス・中川《#001》〈ガマ〉より 2009年 インクジェット・プリント 東京都写真美術館蔵©Osamu James Nakagawa courtesy of PGI

    闇と光の対極的な存在からなる洞窟をモチーフとした写真と映像作品を集めた展覧会「イメージの洞窟 意識の源を探る」が、東京都写真美術館で開催中。技術の進歩により、芸術の幅は広がり続けている昨今の現代写真集めた多様性を体感できる。

    ゲルハルト・リヒター 《MV. 6》〈Museum Visit〉より 2011年 写真にエナメル塗料 東京都写真美術館蔵 ©Gerhard Richter, courtesy Wako Works of Art

    注目はドイツを代表する現代美術の巨匠、ゲルハルト・リヒターの作品たち。日本初公開となる「22. Nov. 1999」のほか、ロンドンのテート・モダンの来館者を写した写真をベースに制作された「Museum Visit」シリーズなど、計13点が一堂に会する。

    イメージの洞窟 意識の源を探る
    会期: 2019年10月1日〜2019年11月24日
    時間: 10:00〜20:00(水、土日祝は〜18:00)
    会場:恵比寿ガーデンプレイス内
    住所: 東京都目黒区三田1丁目13−3 恵比寿ガーデンプレイス内
    入場料:観覧料:一般800(640)円/学生700(560)円/中高生・65歳以上600(480)円
    URL:https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3441.html

    MORE INFO:

    【期間終了】Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島

    エリア: 神奈川
    住所: 〒238-0019 神奈川県横須賀市猿島1
    営業時間: 木曜日 17:30〜21:30
    金曜日 17:30〜21:30
    土曜日 17:30〜21:30
    日曜日 17:30〜21:30
    祝日 17:30〜21:30
    公式WEB: https://senseisland.com

    【期間終了】第14回 和酒フェス in 中目黒

    エリア: 東京 / 中目黒
    住所: 〒153-0051 東京都目黒区上目黒2丁目1−1
    営業時間: 土曜日 12:00〜14:1515:00〜17:15
    日曜日 12:00〜14:1515:00〜17:15
    公式WEB: https://sakefes.com/

    SHIBUYA SKY

    エリア: 東京 / 渋谷
    住所: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目24−12
    営業時間: 月曜日 9:00〜23:00
    火曜日 9:00〜23:00
    水曜日 9:00〜23:00
    木曜日 9:00〜23:00
    金曜日 9:00〜23:00
    土曜日 9:00〜23:00
    日曜日 9:00〜23:00
    祝日 9:00〜23:00
    定休日: 年中無休(臨時休館の可能性あり)
    公式WEB: https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/