logo
2019.11.8

世界も注目。環境に優しい「目黒川みんなのイルミネーション2019」

目黒川みんなのイルミネーション2019

地域の廃食油を燃料にイルミネーションを点灯する「目黒川みんなのイルミネーション2019」が、2019年11月8日(金)〜2020年1月5日(日)までの期間に開催される。100%自家発電の環境に優しいイルミネーションを眺めに五反田・大崎へ出かけよう。

地産地消の燃料を使ったエコなイルミネーションイベント

冬の目黒川沿いを光で彩るイベント「目黒川みんなのイルミネーション」。今年10回目を迎える本イベントが、今世界中で注目されていることをご存知だろうか。

近隣から回収した廃食油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、100%自家発電で約41万個の桜色LEDを点灯させるという、本イベントの取り組みが、毎年イタリアで開催される国際的なデザインコンペティション「A‘ Design Award 2017」で銀賞を受賞。環境に優しいイルミネーションとして、アジアやヨーロッパなど世界各国のメディアで紹介され、外国人観光客も多く訪れる世界的に注目のイルミネーションイベントとなったのだ。

メイン会場となる「品川区立五反田ふれあい水辺広場」では、11月8日(金)に点灯セレモニーとして「冬の桜®ブルームコンサート」を開催。また、12月16日〜12月25日の期間限定で、ドイツ生まれのアウトドアドーム「ガーデンイグルー」が3基設置される。直径3.6m、高さ2.2m、広さ10㎡とのんびりくつろげるサイズで、風雨もしのげるため、天候を気にせずイルミネーションを楽しむことが可能だ。

東京には、毎年多くのイルミネーションイベントが開催されるが、「目黒川みんなのイルミネーション2019」以上に世界から注目されているイベントは数少ない。家族や友人、恋人とともに、足を運んでみてはいかがだろうか。