logo

Tokyo Cal-Graf[Vol.1 かつおちゃん]

興味をそそられるキーパーソンのスキマ時間は? 休日は? 気づきが得られる特別な人の特別な時間を、タイムラインで見てみよう。第1回は、かつおが好きすぎて、かつお節ご飯専門店を作ってしまった女子、通称かつおちゃん。まさに回遊魚そのもののスピード感だ。

1

究極のかつお節ご飯を渋谷で。かつお食堂に流れる「かつお時間」

かつお食堂

平日の早朝。まだ8時過ぎだというのに、数人の人が開店を待つ一角がある。渋谷の宮益坂からほど近い「かつお食堂」は、朝からこだわりのかつお節ご飯を提供することで人気のお店。まずは店主のかつおちゃんこと永松真依さんの“かつお”すぎるお店の中身をご紹介。

開店と同時に満席になった店内には、シュッシュッとかつおを削る小気味よい音と一番出汁の上品な香気が充満していて、いかにも食欲をそそる。

「本日のかつお節は枕崎のカネモ鰹節店さんです。かつお節の中でも最高級の本枯れ節という半年以上かけて大事に育てられたかつお節を削ります。市場では滅多に見かけませんが、とてつもなく美味しいのです。

かつお節と一言で言っても生のカツオを切ってから、この最高級の本枯節になるまで各段階で色んなかつお節があります。かつお食堂ではどこで誰がどんな想いでこの本枯節を作ってくれているのかを大切にそんな想いも美味しさの一つとしてお届けしています。」

と、かつおちゃん。カチコチの硬いかつお節を美味しく削るには削り器も大切で、かつお節に出会った頃よりお世話になっている新潟県の燕三条のshayoさんの逸品。

削った本枯れ節の断面は飴色に輝き、なんだかコハクのよう。

炊きたてのご飯に削りたてのかつお節をどっさり乗せて出来上がり。開店前に引いた一番出汁のみそ汁とお漬物が付いて800円。さらに焼きたてフワフワの出汁巻き卵を付ければ1000円。メニューはとってもシンプル。

「最初はそのままのかつお節の香りをお楽しみください。そのあとはお好みでお醤油をどうぞ。」

白米の上でユラユラと舞うかつお節は、パックに入ったものとはまるで違う。薄い削り節の1枚1枚からかつおの濃厚な旨みが染み出して、白米と絡まる。本当においしいかつお節ご飯とは、かき込む箸が止まらなくなる。

ちなみにカウンターの客たちが黙々とかき込む間にも、かつおちゃんの弁舌は止まらない。かつおの模型で部位の説明をしたり、職人の仕事の話であったり、食べ終わった頃にはかつおにちょっと詳しくなっているに違いない。

「時々、かつおのことをどうやって伝えようとか考えすぎて、“かつおスランプ”に陥ることもありますね」
かつおを愛しすぎる女子のお店は不定休で平日は朝9時から14時。土日祝は朝10時から14時まで。いずれもなくなり次第終了。

訪れれば、いっぱいのかつおLOVERになれるほど、かつお愛に彩られたお店には、ちょっぴりアカデミックでグルメな時間が流れる。そして店を出るときには、こんなひと言を掛けてくれる。

「あり“がつお”ございます!」

そんなかつおちゃんの1日は、どんなタイムラインなのか? 次回その中身をたっぷり見てみよう。