HOME NEW TRENDS 神奈川 横浜 横浜駅 横浜駅直結のエンタメ施設「アソビル」が2019年春オープン。いつでも、誰とでも、一人でも楽しめる
横浜駅直結のエンタメ施設「アソビル」が2019年春オープン。いつでも、誰とでも、一人でも楽しめる

横浜駅直結のエンタメ施設「アソビル」が2019年春オープン。いつでも、誰とでも、一人でも楽しめる

TAGS:

2019年初春、横浜駅直結にエンタテインメント施設「アソビル」がオープンする。「遊べる駅近ビル」をコンセプトとし、大人も子供も楽しめる体験型コンテンツが揃う。

横浜駅直結のエンタメ施設

やっと訪れた休日、でも空はあいにくの曇天模様。友人と、恋人と、家族と出かける予定なのにどこへ行こう…と、迷うことはもうなくなるかも。

大人も子供も楽しめるエンターテインメント施設「アソビル」が、2019年初春、横浜駅直結でオープンする。

横浜中央郵便局別館をリノベーションして誕生する「アソビル」は、「遊べる駅近ビル」をコンセプトにした複合施設。駅直通という好立地で、1フロア600坪、全フロア3,600坪のビルを丸々使って、さまざまな「遊べる体験型コンテンツ」を提供する。

大人から子供向けまで多様なニーズに応える

「わくわくドキドキする体験」「人とのコミュニケーション」「自己実現」といった目に見えないものがより大切になっている昨今。本施設は、人生がより豊かになる「場所」「時間」「つながり」などへのニーズに応えるために誕生した。

最新テクノロジー、ものづくり、キッズ向けなどフロアごとに異なるテーマを設定し、既存のエンターテインメントを“カルチャー、クリエイティブ、テクノロジー”によってリデザインすることで、新しい体験をしてもらうことを目指している。

メインとなる体験型コンテンツフロアは、2階と3階に設置。

エールボックス

2階の「ALE-BOX(エールボックス)」は、「厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ」をコンセプトとした常設フロア。面白法人カヤック(株式会社カヤック)と共同で手掛ける、ここでしか体験できない最新のテクノロジーや、斬新なアイデアを活かした脱出ゲーム、展示イベント、VR、スポーツコンテンツなどが展開されるとのこと。

映画館のように定期的にコンテンツが入れ替わる予定なので、来場するたびに新鮮な体験と驚きを味わえる場所になりそうだ。

モノトリー

3階の「MONOTORY(モノトリー)」は、陶芸、アクセサリー、革小物、キャンドル作りなどの「ものづくりワークショップ」が毎日行われる国内最大級のハンドメイド体験フロア。

不器用でも、やったことがなくてもOK。道具も知識も必要ナシ。入りやすくて、洗練された空間には常時20を超えるジャンルの体験が開催予定だ。仲間と、大切な人と、もちろん一人でも。自分用にも。プレゼント用にも。ものづくりの楽しさを体感できるフロアだ。

開催予定のワークショップは、WEBサイトでチェックできる。
モノトリー公式WEB:https://monotory.me/

 

飲食店も充実

そのほか、“上質な大人の遊び場”をコンセプトとした地下1階のアミューズメントバーラウンジ「PITCH CLUB(ピッチクラブ)」、18の飲食店が集まる1階のグルメストリート「横浜駅東口POST STREET」、宇宙をテーマにした4階のキッズパーク「Kid’s Traveler(キッズトラベラー)」、フットサルとバスケットのコートを1面ずつ用意した屋上の「マルチスポーツコート」と、大人から子供まで幅広い層に向けた様々な遊び場が用意されている。

ピッチクラブ
キッズトラベラー
マルチスポーツコート

天候に左右されず、ゆっくりと過ごしたい、頭を空っぽにしてものづくりに集中したい、室内で体を動かしたい、など、さまざまな遊び方のニーズに応えることができるアソビル。ここに来るだけで新しい趣味まで見つかりそうな新スポットだ。

外国人観光客に向けた体験型観光施設としても積極的に展開していく予定とのことなので、海外から友人が来た時にも一緒に楽しめそう。

 

MORE INFO:

アソビル

エリア: 神奈川 / 横浜
住所: 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目16 〒220-0005 2 丁目 16 横浜駅
営業時間: 月曜日 10:00〜22:00
火曜日 10:00〜22:00
水曜日 10:00〜22:00
木曜日 10:00〜22:00
金曜日 10:00〜22:00
土曜日 10:00〜22:00
日曜日 10:00〜22:00
祝日 10:00〜22:00
定休日: 不定休
公式WEB: https://asobuild.com/