HOME WELL BEING SPECIAL 気軽に素敵にカジュアルに。小関裕太が体験する「BEB5軽井沢」の居酒屋以上、旅未満
気軽に素敵にカジュアルに。小関裕太が体験する「BEB5軽井沢」の居酒屋以上、旅未満

気軽に素敵にカジュアルに。小関裕太が体験する「BEB5軽井沢」の居酒屋以上、旅未満

第2回トラベル・ライブビューイングの会場としてご協力いただいた「BEB5軽井沢」。2019年2月に開業したこちらのホテルに、俳優の小関裕太さんとともにお邪魔。若い世代にもっと気軽に旅を楽しんでほしいとの思いを持つBEBの魅力についてレポートする。

軽井沢を訪れるのは、高校生の時以来だという小関さん。
「意外と近くて、びっくりしましたね」との言葉通り、実は東京から新幹線で約1時間ほどで到着するくらいアクセスが良い。わざわざ前もって計画を立てなくても、思い立ってふと来るくらいの気軽な距離だ。軽井沢は気軽に非日常を味わえるような旅先としてちょうどいい。そしてそんな旅のステイ先におすすめなのが「星野リゾート BEB5軽井沢」だ。

いい意味で“居酒屋ライク”がカジュアル旅にちょうどいい

なんといっても最大の特徴は24時間利用可能なパブリックスペース「TAMARIBA(タマリバ)」。ちょうどトラベル・ライブビューイングではスタジオとして利用したコタツのある中庭をはじめ、カフェ・ライブラリー・ショップなどが配置されている。

持ち込みも可能なので、番組内の「テーブルギャザリング」のように軽くパーティしたりもできるし、ホテルが貸し出しているボードゲームやカードゲームに興じることもできる。宿泊者なら誰でも24時間利用可能だ。
小関さんも「ここで知らない人と友達になったりとかできそう!いいですね」とコメント。知らない宿泊者同士でも会話できてしまう、ワイワイとした光景は、気軽に使える居酒屋に似ているのかもしれない。
カフェで夜提供してくれるワインは1グラム4円という量り売りが嬉しい。飲める人も飲めない人にも優しいこのシステム。確かに、ひと口でいい…というときもあるし、なみなみに注いでほしいというときもあるが、それを自分でコントロールできるのは気軽でいい。

ワイン好きの小関さんは、赤ワインを片手にパブリックスペースで寛ぐのがお気に入りの様子。中庭の紅葉を眺めながらぼーっとする時間は、スケジュールをびっちりつめた計画通りの旅より“等身大”の楽しみ方なのだろう。

秘密基地のような「ヤグラルーム」で

案内された部屋は「ヤグラルーム」と呼ばれるロフトベッドを備えた客室。コンパクトながら、その秘密基地のような構造がワクワクさせてくれる。1階部分ベッドにもなるようなソファがあり、…とそこで先客を発見!?
「え、誰かいる!」と小関さんもびっくりのその先客とは通称「BEB君」。BEB君と小関さんがダブルブッキングしてしまった様子だ。

実はこれ、現在BEB5軽井沢で行っている「ハプニングステイ」というプランのサービスの一環なのだそう。ハプニングこそが旅の醍醐味ということで、さまざまなハプニングを館内で仕掛けてくれる。確かに、過去の旅を振り返ってみても、事件や想定外のことが起こった旅の方が強く記憶に残っている気がする。
部屋の中でパーティができるような、ワクワクするような秘密基地のような部屋だ。
「誰かいる・・・!」ハプニングこそ旅の醍醐味。

このBEB君と小関さんがいるスペースはリビングのように使え、夜通しこちらで過ごしても良さそう。2階部分はベッド。「なんか合宿とか思い出しますね。ここでくっちゃべりながらつまみとか食べたい!」と小関さん。
1室18,000円〜とかなりお得な料金設定。
「1室料金ということは友達と来るともっとお得になるんですね」
現在行われているGotoトラベルキャンペーンを使えばさらに気軽な価格設定になるのが嬉しい。

面白い仕掛けがありつつも、やはり部屋から軽井沢の自然を眺められるのもいい。自然の光が大きく入り込むので、コンパクトな部屋でも圧迫感を感じないのが嬉しいポイントだ。TAMARIBAでワイワイしながらも、部屋ではしっかり落ち着いてリラックスできるような空間になっている。

近くにはハルニレテラスなどレストランが充実している施設やトンボの湯などがあり、いつでも出かけられる。そのアクセスの良さも自由でいいだろう。
BEB5軽井沢がおすすめする旅は、「居酒屋以上 旅未満」。普段の飲み会よりも素敵に、旅よりも気軽に過ごせる旅は等身大で過ごしやすい。旅に行く何ヶ月も前から予約して、朝からびっちりスケジュールを入れて…という計画的な旅も悪くない。だが、東京から1時間弱のこの軽井沢で、肩ひじ張らないいつもの自分のままで、気分やノリで過ごす旅もいい。

星野リゾート BEB5軽井沢
〒389-0195 長野県軽井沢町星野
0570-073-022(星野リゾート予約センター)
施設構成:客室、パブリックスペース「TAMARIBA」,ランドリー
*TAMARIBAには、カフェ、中庭、ライブラリー、ショップを含む
*TAMARIBAの利用は宿泊者限定
アクセス・JR軽井沢駅からタクシーまたは西武観光バスで15分

【小関裕太】

2006~2008年、「天才てれびくんMAX」(NHK)のテレビ戦士として活躍するなど、子役として俳優活動をスタートさせる。主な出演作品として、「覆面系ノイズ」(2017年)、「わたしに××しなさい!」(2018年/W主演)、「”隠れビッチ”やってました。」(2019年)、「シグナル100」(2020年)、「みをつくし料理帖」(2020年)がある。公開待機作品として、映画「ライアー×ライアー」(2021年予定)を控える。

stylist/Satoshi Yoshimoto
hair&make/SHUTARO(vitamins)