logo

夏帆の東京オフタイム

仕事や生活に流されて新しいものに出会うきっかけがない人も、何からすればいいか分からない人も。気軽に始められる「新しいコト」を編集部が提案します。今回は夏帆さんをゲストに、彼女の好きなもの・興味のあるコトをさらに深掘りできるスポットを紹介(全5回)

3

料理好きが、さらに料理の魅力にはまる食のセレクトショップ

アンビカマサラショップsolco(ソルコ)発酵する暮らし 85(ハチゴウ)Tadaku(タダク)

夏帆さんの気になることを、気軽に深掘りできるチャンスを提案するこの特集。今回は「料理」について。時間があるときは自宅で料理をするという夏帆さんに、深掘りスポットを提案。

島崎:夏帆さん、料理が好きだとか。

夏帆:はい。食べるのも、作るのも。

島崎:家で作る時って、どんな物を作るんですか?

夏帆:いや、もう簡単な物しか作らないですよ。

島崎:む!そんな夏帆さんには、調味料系のセレクトショップがおすすめです。調味料にこだわるだけで、いつもの料理が劇的に変わるし、楽しくなります。

スパイスで料理が劇的に変化! 「アンビカマサラショップ」で本場のスパイスを学ぶ

料理をする際、「さ・し・す・せ・そ」の調味料に留まらず、スパイスにまでこだわる大人が増殖中。そんな大人たちがスパイスを求めて足を運ぶのが、蔵前にある「アンビカマサラショップ」だ。インドの企業直営とあり、扱うスパイスの豊富さは都内随一。シナモンやコリアンダーといったお馴染みのスパイスはもちろんのこと、大手スーパーでも見かけない希少な一品もあるとのこと。まずは手始めに、本場の知識を持つインドとネパール人に教えてもらいながら、スパイスの奥深い世界に触れてみよう。

これからは“マイソルト”を持ち歩く時代。「solco」で本当に自分好みの塩を発見。

料理には欠かせない「塩」。通常、どの家庭のキッチンや食卓でも一種類の塩しか並ばないだろうが、これからはもっと多様に塩を楽しむ時代。その楽しみ方を提案してくれるのが、戸越銀座商店街にある「solco」だ。白と黒で統一されたスタイリッシュな店内には、本物の試験管に入れられた塩がずらり。海塩や岩塩、湖塩など、国内外40種類以上の塩が集結しているのだという。おむすびやジェラートを手に、塩を付けて食べ比べてみてびっくり。どれも異なる味わいで、美味しいと感じる味もその人の好みや体調によって全く違うのだとか。その中から見つけ出す塩は、まさにマイベスト。あなた好みの一品は、一体どれだろう?

「85(ハチゴウ)」でスタートする、発酵食生活。憧れの“マイぬか床”デビュー

近年、美容や健康のために発酵食生活を始める人が増えている。そんな中、中目黒の高架下にオープンした「85」は、発酵食の魅力を発信するライフスタイルショップ。その取り掛かりの一つとして開催しているのが、“マイぬか床”作りのワークショップだ。いつもおばあちゃんが漬けていてくれたぬか漬け。自分でも挑戦してみたいと思っても、「どの様に始めればいいのか分からない」「材料をそろえるのが大変」と、ハードルの高さに挫折していた人も多いはず。そんな人たちにとってこのワークショップは、マイぬか床を手に入れる絶好のチャンス。今年の春は、「85」で発酵食生活をスタートしてみては。

夏帆:どれも気になりますね~。ぬか床づくりワークショップ? いいですね。私、ぬか漬けがすごい好きなんですよ。

島崎:材料は全て準備してもらえるから、持ち物はエプロンだけ。気軽に挑戦できますよ。

夏帆:それならはじめられるかも!楽しそう。塩も気になる。どうしよう、これ全部気になる!

島崎:ぜんぶ行ってください。そしてもうひとつ。ちょっと特殊な料理教室です。

料理教室を通じて異文化交流。「Tadaku」で、気分はプチホームステイ。

今、料理をしながら語学を習得できるサービス「Tadaku」が注目されているのをご存じだろうか。同サービスは、日本にいる外国人ホストの自宅で、母国の家庭料理を一緒に作って食べながら、異文化コミュニケーションを図るというもの。なんと80か国、300人以上の外国人ホストが参加。半分以上のホストは 日本語も話せるが、せっかくなら現地の言語でのコミュニケーションに挑戦してみよう。語学に不安があっても、ゆっくりと会話してくれる優しいホストたちなのでご心配なく。また、料理や言語だけでなく、食器やインテリア、音楽など、あらゆる面から海外文化を感じることができる貴重な機会。どの家庭もアットホームで、気分はさながらプチホームステイだ。

夏帆:料理教室行ったことないんですよね。

島崎:これは、語学習得と、その国の地元料理を学べるっていう。最近流行ってるんですよ。

夏帆:語学もすごい興味あるんですけど、つづけるの大変ですよね。あ、でも、英語以外の新しい言語に触れられるのはいいかも。どうしよう、これ全部気になる(笑)。

 

簡単な料理しか作らないという夏帆さんですが、今回紹介したスポットなら気軽に料理の奥深さを体験できるはず。さて、次回はトレーニングを欠かさないという夏帆さんに、リフレッシュできるアクティビティを紹介します。