HOME NEW TRENDS 東京 【8/17~8/18】今週末どこへ行く? 東京のおすすめおでかけ5選
【8/17~8/18】今週末どこへ行く? 東京のおすすめおでかけ5選

【8/17~8/18】今週末どこへ行く? 東京のおすすめおでかけ5選

いよいよ8月も後半に突入。天気は不安定だが、週末は晴れると信じて夏の週末をエンジョイしよう。もちろん、サマーイベントはまだまだ各地で開催中。夏の後半戦、積極的に外出して、思い出になる週末を過ごすべし。

目次

    日本の原風景的な涼の取り方をモダンに再構築して表現する「ミッドタウンサマーイベント」(六本木)

    “日本の涼”を楽しめるフリーイベント「MIDTOWN LOVES SUMMER 2019」が、東京ミッドタウンで8月25日まで開催中だ。小川に足を浸して日本らしく涼む「ASHIMIZU」や「水と生きるSUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園」が登場。後者はひんやりとした霧で芝生公園が包まれ、点在する石を中心に花火や砂紋をイメージした、色とりどりの光が放たれる新プロジェクトとなっている。

    フードとドリンクも充実し、ジャパニーズクラフトジン「ROKU(ロク)」とコラボする「ROKU MIDPARK LOUNGE」では、ここだけの限定スペシャルカクテルやフードを提供。おいしい一杯とともに緑豊かな木陰で涼が取れる。小川に足をつけたり、自然の風で涼んだり……、日本の夏の原風景が、現代的に再解釈され都心に降臨。ほんのりノスタルジックな涼しさが欲しくなったら、迷わず東京ミッドタウンへ。

    *MIDTOWN LOVES SUMMER 2019の記事*
    五感で涼む。東京ミッドタウンのサマーイベントが今年も開催

    *MIDTOWN LOVES SUMMER 2019*
    イベントにより、開催時間が異なる。
    「水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園」
    ※荒天中止
    時間:霧演出15:00~23:00 光演出18:00~23:00
    場所:芝生広場
    料金:無料
    公式WEB

    音と見事にシンクロした花火に見惚れる「花火シンフォニア@八景島シーパラダイス」の最終日を逃すな!(横浜)

    プログラム制御により打ち上げられた花火が、音楽とコンマ1秒までシンクロするライブエンターテインメントショー「花火シンフォニア」。八景島シーパラダイスでは「特別観覧席」を販売。水族館やアトラクションを満喫したあと、きらびやかな世界がゆったりと楽しめるよう計らっている。打ち上げ時間が約10分と短いだけに、気兼ねなく集中して見られるのはありがたい。

    椅子が用意されているボードウォーク特別観覧席は、真正面から大迫力を味わえるボードウォーク下段と、花火とベイエリアを見渡せるボードウォーク「merengue(メレンゲ)」前の2種類で、各1人1,500円(税込)。エリアで仕切られ、4人分の軽食とワンドリンクが付くボックスシートなら10,000円(税込)となっている。「Seafood & Grill YAKIYA」では、打ち上げ時間含め2時間のバーベキュー食べ放題を楽しめるプランを1人4,000円(税込)で提供。夏場は8月17日(土)が最終日なので、機会を逃さないようご注意を。

    *花火シンフォニア@八景島シーパラダイス*
    ※荒天等の理由により、中止の場合あり
    時間:20:30~ (約10分間)
    観覧場所:ボードウォーク

    人気キャラクターに触れながらアニメ制作の科学を知る「PIXARのひみつ展」(六本木)

    © Disney/Pixar

    「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」など、アニメながら子供だけでなく大人まで魅了する名作を送り続けるピクサー。制作の裏側を体感できる企画展が日本に初上陸した。六本木ヒルズ展望台・東京シティビューにて開催されている「PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス」は、アメリカとカナダで140万人以上を動員した人気の展覧会で、東京での開催がアジア初となる。

    © Disney/Pixar

    触れたり、操作したりできるハンズオン展示が特徴となっており、アニメーション制作のカギとなる8つの工程をとおして、ピクサー作品を支える科学について遊びながら学べる。モデリングやリギングといった専門的な知識や技術が、ウッディやバズ、ニモなどの人気キャラクターを通して体験できるのだ。ファミリーはもちろん、大人だけでもしっかり楽しめる内容なので、週末デートの目玉に活用してみては?

     

    *PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス*
    場所:東京都港区六本木6-10-1
    六本木ヒルズ゙展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)
    電話番号:03-6406-6652(東京シティビュー)
    入場料:一般 1,800 円、高校生・大学生 1,200 円、4 歳~中学生 600 円、シニア(65 歳以上)1,500 円
    公式WEB
    「PIXARのひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXARとの協力により開発したものです。
© 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

    アートと散策を同時に楽しみ、より深く街を知る「MOT サテライト2019 ひろがる地図」(清澄白河)

    作品鑑賞と街歩きを楽しめるイベント「MOTサテライト2019 ひろがる地図」が、東京都現代美術館にて開催されている。美術館で展示を見たあとに周辺を探検すれば、地域の魅力が再発見できるという内容で、今回は4回目。「地図」をテーマに掲げ、メイン会場の東京都現代美術館では、空想の都市の姿を詳細に描いた地図や、触覚・匂い・音などの感覚を表現した地図、そこに暮らす人の日常を可視化する地図など、さまざまな「地図」を紹介する。

    ワールドネイバーズカフェ清澄白河

    また、清澄白河のカフェやショップ7箇所でも、美術館での展示に関連した作品をディスプレイ。オールプレスエスプレッソ 東京ロースタリー&カフェやワールドネイバーズカフェ清澄白河など、人気店のコーヒーを飲みながら、ゆっくりと作品鑑賞ができる。新旧文化が交わる注目の街、清澄白河を知る良いきっかけになること請け合いだ。

    *MOTサテライト2019 ひろがる地図の記事*
    アート鑑賞後、街を探検。清澄白河エリアで1日中楽しめる異色のイベントが開催

    *MOTサテライト2019 ひろがる地図*
    場所:東京都江東区三好4-1-1東京都現代美術館、MOT スポット 7箇所(オールプレスエスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ、チーズのこえ、HOZON、しまぶっく、ワールドネイバーズカフェ清澄白河、江東区深川江戸資料館、デリカやまこし)
    営業時間:10:00〜18:00※展示室入場は閉館の30分前まで。
    公式WEB

    冷えたオリジナルアイスティーを「フルーツ イン ティー ティーモア 表参道」でゴクリと。(表参道)

    リプトンの期間限定ショップ「フルーツ イン ティー ティーモア 表参道」が今年もオープンしている。場所は表参道Zero Base で、”TEA MORE”をコンセプトに展開。さらなる紅茶の新しい楽しみ方を提案する。約6万通りから選べるおなじみのフルーツインティーに加え 注目は初登場となる“アイスティーポップ”。ティーベースのアイスに、マカロンやピスタチオ、ココナッツといったフレーク、ドライフルーツ、ジュレなどをトッピングした、オリジナルアイスバーが作れるのだ。

    さらに、限定デザインのオリジナルタンブラーやコールドブリューティーバッグも販売。特設ECサイトでは、マイタンブラーが作れる「リプトンカスタマイズタンブラーまでスタートし、フリークたちの話題となっている。ほかでは味わえないオリジナリティ豊かなアイスティーやアイスバー、キンキンに冷えた状態をまだ太陽が高いうちに口にしたいもの。

    *フルーツ イン ティー ティーモア 表参道の記事*
    夏の定番となったリプトンのFruits in Tea。今年はアイスも登場

    *フルーツ イン ティー ティーモア 表参道*
    住所:東京都港区南青山5-1-25
    営業時間:10:00〜20:00
    公式WEB

     

    MORE INFO:

    【期間終了】Fruits in Tea TEA MORE OMOTESANDO

    エリア: 東京 / 表参道・原宿
    住所: 〒107-0062 東京都港区南青山5丁目1−25
    営業時間: 月曜日 10:00〜20:00
    火曜日 10:00〜20:00
    水曜日 10:00〜20:00
    木曜日 10:00〜20:00
    金曜日 10:00〜20:00
    土曜日 10:00〜20:00
    日曜日 10:00〜20:00
    祝日 10:00〜20:00
    公式WEB: https://brand.lipton.jp/leaf/fruits_in_tea/