毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME TOPICS CULTURE 注目コンテンツ 映画 又吉直樹の『劇場』が公開。映画館でも動画サービスでも観れる同時配信時代が来る
又吉直樹の『劇場』が公開。映画館でも動画サービスでも観れる同時配信時代が来る

又吉直樹の『劇場』が公開。映画館でも動画サービスでも観れる同時配信時代が来る

TAGS:

以前、Harumari TOKYOのフリーペーパーに出演いただいた又吉直樹さんが、芥川賞を受賞した『火花』に続く作品として発表した『劇場』。山﨑賢人さんと松岡茉優さんの共演による映画が今年の4月に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で公開が延期に。しかし、ついに7月17日に封切りされた。

(C)2020「劇場」製作委員会

又吉直樹さん初の恋愛小説で、メガホンを取ったのは行定勲監督。キャストには主演のふたりのほか、寛一郎さん、伊藤沙莉さん、浅香航大さん、「King Gnu」のボーカル井口理さんといった多彩な顔ぶれが揃い、公開前から話題を集めていた。

(C)2020「劇場」製作委員会

先日、公開延期を経てようやく映画館公開に至ったわけだが、なんと今回、Amazonの有料動画配信サービスであるAmazon Prime Videoでも、映画館公開と同日に配信が開始された。これは、邦画では初の試みとのこと。

映画館で公開され、数ヶ月後にDVD化や動画サービスで配信される、というのが映画の鑑賞スタイルとしてはスタンダードだったが、有料動画配信サービスを利用する人々が急増したことで、そのスタイルにも新たな変化が起き始めているようだ。

(C)2020「劇場」製作委員会

映画の内容は、“恋愛がわからないからこそ、書きたかった”と又吉さんが語る、演劇の世界で夢を追う主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない恋。

それぞれ夢を抱いてやってきた東京で出会った、永田(山﨑)と沙希(松岡)。演劇を通して世界に立ち向かう永田と、彼を支えたいと願う沙希で物語は紡がれていく。

(C)2020「劇場」製作委員会

高校からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしまう。解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想。そのはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。

(C)2020「劇場」製作委員会

そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけ声をかける。女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき……。

(C)2020「劇場」製作委員会

続きは、映画館で、または家で。映画館で観てから、家で観直しても。家で観てから、映画館へ独特の雰囲気を味わいに行っても。同時配信という新しい映画の楽しみ方が増えそうだ。

MORE INFO:

劇場

エリア: 注目コンテンツ
公式WEB: https://gekijyo-movie.com