毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME SPECIAL 29歳、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)の10年 「客観的に見た自分」を知ることができるようになった -ハマ・オカモト対談3/4
「客観的に見た自分」を知ることができるようになった -ハマ・オカモト対談3/4

VOL.3 「客観的に見た自分」を知ることができるようになった -ハマ・オカモト対談3/4

10代でデビューし、キャリア10年。かつては同世代とは異なる感覚を持っていたそうだが、20代後半に差し掛かってからは、その感覚と同世代との関係に変化が出てきたそう。29歳になったハマさんのリアルな姿とは。

ぴんこ:

ハマさんは今年が20代最後の年ですけど、20代を終えるって何か気分はありますか?

ハマ:

早生まれなだけなので、実質30になる年ですからね。やっぱりハタチ、成人式とか、煙草が吸えるお酒が飲めるだとかがキーみたいなところがありましたけど、仕事を始めていたということもあって、何とも思わず、変化も特に感じず。でも25歳になったときに、「25か!」って初めて思いましたね。周りの友だちも立派な社会人じゃないですか。「髪薄くなってないか?」って人とかもいるじゃないですか(笑)。僕は同級生の女性陣が結婚するのが早かったので、子供だなんだとなってきて、いよいよ大人だねみたいなこと言ってたら、うちのドラムもギターも結婚して。2人目のこどもがいる同級生もってなったときにですね、大人の自覚を得たというか。やっぱり19歳でデビューしちゃってるんで、仕事だとかいろんなこと考えましたけど、根底にあることってそういう縁ですし……。僕はいまだに高校の同級生とかよく会うんで、なんかね、やっぱりどこかで止まっちゃってた感じはあるんですけど。だからいわゆるこう学生時代ロスみたいな、卒業してすぐ同窓会やるみたいな。僕らの周りでもやってたんですよ。でも「いや早いだろ」って、「10年後でいいだろ」って言ってた10年がきたんだなと思って。だから30歳で今やるとかは意味ありそうだなって心の底から思えるようになったから、やっぱり新しいことが始まる感じがすごくしますね。一回リセットされる感じが。それはバンドが10年経ったとかももちろんあるんですけど、やっぱり僕らがデビューしたときって、アニメのタイアップとればCDがどれくらい売れるみたいな方程式がまだあったんですけど、今や関係なくて。で、なんかアイドルがすごいバーって出た時代を横目に、自分たちよりキャリアが短いバンドが売れていくのを見てて、バンドってもうどうなんだろうねって言ってたら、髭男とかKing Gnuみたいなバンドが出てくるっていう流れがあって。10年って本当に目まぐるしかったなって。配信になりフィジカルが全然売れないとか、本当に全部がカルチャー的に変わっていった10年だったんで、ある意味ここからじゃないかなって。本当にストリーミングだけになってCD作らなくなるのかとか。それによってやり方変わるじゃないですか。だから判断するにはまだ早いですけど、自分たちが30歳になるし、今年か来年あたりにあらゆるシステムも変わると思うんで、そういう意味では新しい感覚で物事をやっていかないとなって思ってますね。

ぴんこ:

なるほど。そうですよね、音楽業界っていうもの自体がだいぶ変わりましたもんね。

ハマ:

それ以外にも、本屋がなくなるとか、ね。考えられなかったことなんで。だって10年前ってPASMOとか、スマホのカバーにICカードを入れるとかもなかったでしょ?

ぴんこ:

全然ない!

ハマ:

全然ないでしょ? 今回、OKAMOTO’Sがベストアルバムを出すにあたって、ファーストアルバムのジャケットとまったく同じカメラマンさんに、当時使ったオブジェの前で同じポーズをして撮ってもらったんですけど。(写真を)撮ったらBluetoothでパソコンの画面に転送されるって、今だと当たり前じゃないですか。でも当時、僕らこどもだったんでフォトスタジオっていうところにも行ったことがなくて、尚且つ今撮ったものがパッて映るから「みんなそれで『すげぇ!』って5分10分騒いでたよ」ってカメラマンさんに言われましたよ(笑)。無かったもんねそれも、っていう話になって。TwitterはあったけどInstagramは無かったし。