毎日を充実させる東京のトレンド情報をお届け!
Harumari TOKYOのLINEをチェック

詳しくは
こちら

HOME TOPICS TOKYO WELL-BEING

TOPICS

TOKYO WELL-BEING

これからの私たちを幸せにするモノゴトを創る人たちへのインタビュー

エア祭りで、お祭りの未来を作る。オマツリジャパン代表・加藤優子

エア祭りで、お祭りの未来を作る。オマツリジャパン代表・加藤優子

注目コンテンツ

日本の夏といえば、お祭りの季節。毎年この時期を楽しみに生きている、という人も多いかもしれないが、今年は新型コロナウイルスの影響で全国的にお祭りが中止となってしまった。密集・密着を避けられない日本のお祭りはこの先、一... 続きを読む >

うんちが役に立つ? 腸活のパイオニア「ウンログ」が挑む、お通じスッキリ革命

うんちが役に立つ? 腸活のパイオニア「ウンログ」が挑む、お通じスッキリ革命

サービス

ヘルスケアにおいてここ数年で注目を浴びるようになった腸活。乳酸菌や発酵食品などの免疫対応素材への需要が高まり、サプリや飲料だけでなく今ではスナックにまでも菌を配合した食品が登場している。そんな腸活ブームに先んじて、... 続きを読む >

モノ“だけ”のお買い物は終わる。Makuakeが創る新しい消費のトレンド

モノ“だけ”のお買い物は終わる。Makuakeが創る新しい消費のトレンド

注目商品・サービス

コロナ禍でEコマースの存在感が増しているが、その買い物自体も変わりつつある。モノと一緒に「つながり」や「ストーリー」がついてくる楽しさもセットで買うというスタイルが広がっているのだ。クラウドファウンディングの仕組み... 続きを読む >

“かっこいい”って何? 美容師の可能性を拡張しつづけるOCEAN TOKYO高木 琢也の挑戦

“かっこいい”って何? 美容師の可能性を拡張しつづけるOCEAN TOKYO高木 琢也の挑戦

原宿駅

美容室は、格好良く、あるいは可愛くなるために行く場所だ。だから、ほとんどの美容室は見た目を整えることに注力している。しかし全国から人が訪れる、原宿の美容室・OCEAN TOKYOは違う。自己満足の格好の良さではなく... 続きを読む >

「エコ活動をもっとカジュアルに」無料給水スポットアプリmymizuが提案する新しいスタイル

「エコ活動をもっとカジュアルに」無料給水スポットアプリmymizuが提案する新しいスタイル

サービス

昨今、街ではスーパーの袋が有料化されたり、プラスチックストローが紙ストローになったりと環境問題への意識の高まりを感じることが増えた。しかし、その一方で、未だ課題が山積みなのがペットボトルごみ問題。無料給水スポットを... 続きを読む >

しごとバー主宰・ナカムラケンタが実践する「生きるように働く」環境づくり

しごとバー主宰・ナカムラケンタが実践する「生きるように働く」環境づくり

清澄白河駅

「しごとバー」や求人サイト「日本仕事百貨」の運営で、様々な人の生き方に出会える機会をつくっているナカムラケンタさん。そんなナカムラさん自身が人生において掲げているのは「生きるように働く」こと。それは、暮らしの中に「... 続きを読む >

「紙の花」さえも美しく、新しい。フラワークリエーター篠崎恵美が創る世界

「紙の花」さえも美しく、新しい。フラワークリエーター篠崎恵美が創る世界

代々木上原駅

edenworksのフラワークリエーター・篠崎恵美さん。生花、ドライフラワー、そして紙で作った「紙の花」まで、彼女が手掛けるクリエイションは美しい。どうしてこんなにも心惹かれてやまないのか、篠崎恵美のクリエイション... 続きを読む >

本を売る場から、本で集まる場へ。ブックマンションが描く未来の本屋

本を売る場から、本で集まる場へ。ブックマンションが描く未来の本屋

吉祥寺駅

誰でも本屋になれる、吉祥寺の「ブックマンション」。このユニークな店は、どうして生まれたのか?今や大手書店も注目するブックマンションの魅力とは何なのか?本好きの店主・中西さんに話を聞いた。 続きを読む >

又吉直樹「30代は、自分の好きなことや幸福度を高める方向に向いていく」

又吉直樹「30代は、自分の好きなことや幸福度を高める方向に向いていく」

注目コンテンツ

3人目は、芸人だけでなく作家としても活躍する又吉直樹さん。何者かになりたかった20代から、新たな視点を受け入れる30代へ。最新作『人間』を通して見る、30代の幸せについて。 続きを読む >

桜田通「リスペクトする人たちに誠実に向き合えば、自分のやりたい道が見えてくる」

桜田通「リスペクトする人たちに誠実に向き合えば、自分のやりたい道が見えてくる」

注目コンテンツ

2人目は、桜田通さん。12月7日に28歳を迎える彼が、27歳の今、一度立ち止まって見つめた“自分”について。そして、俳優と音楽というマルチな活動をする彼“らしさ”とは何なのか。 続きを読む >